転職

30代が安定した仕事に転職する為に必要な準備と考え方は?

30代 転職 安定

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は、30代が安定した仕事に転職する為に必要な準備と考え方についてお話します。

あなたは今、”安定したい”という思いから転職をお考えでしょうか。

もし、あなたの思う”安定”が、給料面や、休日数、残業時間などに関しての安定でしたら、僕は転職をおすすめしません。安定させる部分が違うからです。

いったいなぜでしょう。今回は、30代が「安定した仕事に転職する」とはどういったことかをお話させて頂きます。

なお、この記事を読む前にこちらの動画をご覧いただけると、よりわかりやすくなりますので、ぜひご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

転職における「安定」は労働条件ではない

会社 天秤

もし、転職に”安定”を求めるとしたら、安定した転職というのは「あなた自身が安定して転職すること」です。

30代になってでも労働条件ばかり気にして転職していると、いつまで経ってもあなたの気持ちが安定しないからです。

もし、週休二日制、残業月平均20時間と求人票に書いてあって、実際入ってみたら週休二日はもらえず残業も45時間だった場合、労働条件だけ見ていると、それが理由でまた転職したくなります

自分がやりたいこと、やるべきことが見えていると、仕事に対する気持ちが安定してきます。

そうなれば、労働条件に囚われることなく、どこに行っても自分のやるべきことを理解し、達成する為に働くことができるのです。

自分の目的、目標を見直し、自分自身を安定させて転職活動をしましょう。

まずは行動せよ!

転職を考えているけど実際に行動に移せない人がたくさんいます。僕も昔はそうでした。

しかし、転職したいと思ったら、まずは行動しなければなりません。それはなぜでしょうか。以下に詳しく説明します。

思っているだけでは何も変わらない!

転職 行動

結論から言って、「転職したい」と思っているだけでは転職は一生できません。なぜなら、転職したいと思っていても、行動しなければ転職はできないのです。

何をするにしたって、行動して成果が生まれます。なので、思っているだけで動かなければ、失敗も成功も生まれません。今のままで何も変わりません。

特に、30代で転職を考えている人の中には、「30代の転職が難しい」という理由で行動に移せない方が多くいます。

僕も最初の転職の時は、思っているだけで行動せず愚痴ばかり言っていました。

自分自身もそうでしたが、仕事の愚痴を毎日言っている人は「転職しようかな」と毎回言っていても、実際行動しない人がほとんどです。

これが30代ともなると、自分の環境のことばかりを考えてしまうので余計に動きづらいのです。

自分の環境により転職に踏み出せない理由の例
  • 職場で役職が付いた為、部下が出来たりやる事が増えて辞めづらくなった
  • 結婚して子供が出来た為、稼がなければ暮らせないので仕事が辞めれなくなった
  • 30代の転職はリスクだし、一から人間関係を築くのは面倒だと感じ行動できない
  • 転職して仮に失敗した場合、今の収入が減ると困るので転職するのが怖い

例えば上記のような理由が挙げられます。いずれも、転職がリスクとなり今の環境が壊れてしまうのではないかという不安からくるものです。

このような不安な気持ちを押し殺しながら日々仕事を続けていけば、段々と息苦しくなっていきます。

このような環境に息苦しさを感じるようになると、下記のような状態になる人も多く見受けられます。

息苦しさを感じた後に陥りやすい状態
  • うつ状態
  • 耐え切れずにブチ切れて周りに当たる
  • 快楽に走る
  • 常に愚痴ばかり言っている
  • 何も考えず空気のように過ごす

ちなみに僕は全て経験しました。ハッキリ言って、このような状態になると、生きている心地がしませんでした。なので僕は人生を変えたくなったので転職をしました。

この記事を読んでいるという事は、少なからず同じような不安を抱えているのではないでしょうか。自分の人生です。こうなるくらいなら思い切って決断し、新しい一歩を踏み出してみませんか。

キャリアカウンセラーに相談せよ!

転職エージェント

上記のような理由で行動できない人はまずキャリアカウンセラーや転職アドバイザーに相談しましょう。

キャリアカウンセラーは、あなたの願望や状況に応じた働き方や仕事をアドバイスしてくれます

さらに、就職活動で必ず必要となる面接の練習、履歴書の書き方などもサポートしてくれますので、本番になって頭の中が真っ白になり何も答えることが出来なかったという事が無くなります。

漠然と不満と不安ばかり感じ、転職するのを迷っている方には特に心強い味方になってくれること間違いなしです。

行動できない人ほど、まずはキャリアカウンセラーに相談し、自分自身を見つめ直すところから始めていけばよいでしょう。

転職・仕事の悩みはおまかせを!個別相談で自分らしい働き方を見つける! 個別相談がおすすめな人 個別相談は、仕事に対してお悩みの方であればどなたでもおすすめです。 キャリアカウンセラーとして、お悩...

理由、目的、目標の明確化

目標

転職するには自分がどうなりたいかを明確にして把握しておく必要があります。どのような考え方でそれを導き出すのかを解説しましょう。

転職の理由 なぜ変えたいのか

まずは”なぜこの仕事(会社)に転職したいのか”という理由を明確にしておきましょう。「ただ転職したいから」とか、「前職が嫌でたまらないから」等の理由だけなら、転職はしないことをおすすめします。

なぜなら、企業が30代の転職者に求めているのは、”会社にとって短期間で利益をもたらしてくれる人材”だからです。

まず、意気込みだけで転職しようとすると、20代に負けます。将来のポテンシャルを考えた時に、意気込みで転職が可能なのは20代までです。

30代の転職者は、理由が明確でなければ単純に”この会社では役に立たない”と思われてしまう為、適当にあしらわれます。

僕が面接をした人の中で、転職を希望した理由がわからない人がいました。その方に転職の理由を聞くと、”前の職場で人間関係のトラブルがあり辞めた”というお答えでした。

これでは、”採用したとしても人間関係で辞めていくな”という印象しか持ちません。

「やったことがある仕事内容だからすぐにでも働けます」とか、「やる気はあります 頑張ります」と言われても、正直信用できません

なぜなら、”この会社で転職したい理由”が無かったからです。給料や休日の数、所在地、など労働条件しか見ていないのがはっきりとわかりました。

企業は会社の利益になる人を求めているので、”この会社だから”という理由が無いと関心を持ちません。

面接を受ける会社のどこに惹かれ、どうしてこの会社に転職したいのかを、自分の願望と照らし合わせながら明確にしておきましょう。

転職の目的 何がしたいのか

次は”何が目的で転職したいのか”を自分自身でしっかり把握しておきましょう。

なぜなら、明確な目的が無いと転職先を選ぶ時に基準が無いので自分に合った会社が見つからないからです。

自分に合った会社が見つからなければ、ずっと迷いながら求人情報を眺めるだけで、前には進みません

まずは、「今あるスキルを活かした仕事がしたい」「収入をアップしたい」「未経験だがチャレンジしたい」など、あなたの目的に合った転職先を絞りましょう

的を絞れば履歴書から採用までの過程が組みやすく、対策などを練ることで有利に転職活動を進めることができるのです。

転職をすることで達成する目的を把握し、的を絞った転職活動をしましょう。

転職の目標 どう生きたいのか

転職することで自分自身が、どのような人生を送りたいかも考えておきましょう。

なぜなら、転職はより幸せな人生を送りたい為に行うからです。自ら不幸になりたいから転職をする人はまずいませんよね。

そう思うと、30代からの転職はただの転職ではなく、自分の生き方も含めて人生を変える為の転職となるのです。

転職の目的例
  • 時間を作り、家族と同じ時間をもっと過ごしたい
  • 転職することで収入を増やし、生活をもっと豊かにしたい
  • もっと自分を成長させ、評価されたい、出世したい

転職することで何を手に入れ、どう使うのかを考えることでモチベーションがあがるし、具体的にどう動くかの指標が出来てきます。

あなた自身が転職と言う大きな決断するので、より自分の理想の生き方ができそうな会社を選びましょう。

自分自身を分析せよ!

転職をする理由、目的、目標が定まったら、次は自分自身を分析しましょう。スキル、経験、趣味や特技を再確認することで、自分自身がどのような仕事に興味があるかがわかります。

今まで培ったスキル

営業経験

今まで働いてきた中で自分にあるスキルが何かを再確認しましょう。あなたが持っているスキルは、現時点であなたが出来る事です。

例えば、僕の場合は営業です。営業のスキルが身に付くことで、顧客対応、クレーム処理、商品知識の扱い方などが備わっています。

それにより、どの業種の仕事でも営業として働けるし、接客、商品管理、マーケティングなどの仕事に就職できる可能性もあります。

今あるスキルをどのように生かすかを知ることで、選択の幅が広がります。

今までしてきた経験

失敗

今までどのような経験をしたかを再確認しましょう。どのような経験をしてきたかで自分自身の強みがわかります

僕の場合は失敗です。ある仕事で、商品発注を行った際客先の要望だけ満たせばいいと思って業務を進めていました。

ところが、商品に欠陥が生じてしまったのですが、その時の僕は冷静さを欠いて仲間を信用せず、不利な立ち回りをしてしまい結果損害を出しました。原因は客先でした。

この経験から、トラブルが起きた際に冷静に状況を整理してから立ち回ることを覚えました。それからは大きな問題になる前にクレームを処理できるようになりました

良い経験も悪い経験も、今の自分の糧になるので、どのような経験をしたか思い返し、自分の強みを把握しておきましょう。

趣味や特技

釣りから釣り具屋

あなたの趣味や特技も再確認しましょう。あまり関係が無いように思われますが、趣味や特技を仕事にできる可能性があるからです。

例えば、釣りが好きな人が釣り具屋に就職すると、趣味が高じて竿やルアーの知識が備わった状態で仕事が出来る為、即戦力として生かせることが出来ます。

可能性があるのですから、仕事だから、プライベートだからと住み分けせず、可能性を広げる為に趣味や特技も再確認しましょう。

自分の武器を備えよ!

自分自身を分析したら、それにより見えてきたことを転職の為の武器にしましょう。相手に自分の魅力を伝え、採用しようと思わせる為にPRするのです。

資格だけが武器ではない

重機

武器と言うと資格を真っ先に思い浮かべる方が多いと思われますが、資格は取得しただけでは何の価値もありません。なぜなら、資格は実生活で活用してこそ価値があるのです。

例えば、僕は「建設機械2級整備士」という国家資格を持っていますが、やっていることは営業なので整備はほぼやりません。試験に合格する為だけの勉強をして合格したので、スキルは身に付いていません。

スキルが無いので、僕は整備が出来ません。だから、この資格を活用するだけの整備の経験もありません。

つまり、取得する為にかかった時間とお金を今のところ無駄にしています。就職するとしても、整備の仕事を選ばない限りはこの国家資格は無意味となります。

資格に囚われず、あくまで自分に何が出来るか、何が得意かを武器にして転職活動を行いましょう。

実務経験

人脈

自分に何が出来るかを思い返す為にも、今までの実務経験を洗い出しましょう。転職先の業務に対し、即戦力となり得る部分を導き出す為です。

例えば、僕の場合は仕事の中で、担当した顧客が200社以上あります。中にはいまだに僕の事を覚えてくれていて、気にかけてくれる方もいます。

この顧客との繋がりは、他の会社に行き、他の商品を扱ったとしても顧客になってくれる可能性があります。その為、営業スキルと合わせて企業にとっては即戦力となります。

このような経験をアピールし、即戦力と思わせることを前提に、実務経験を精査しましょう。

マネジメント経験

上司と部下 乾杯

あなたに後輩や部下がいる場合、その接し方は30代の転職においては重要になります。

採用する側は30代の転職者に、人材育成、行動管理、目的意識の植え付けなどのマネジメント能力があるかどうかも判断してくるからです。

30代ともなれば主任や係長などの役職を与えられた人もいます。30代の場合は目標達成のために働くことは前提であり、それに加えて後輩や部下をどれだけ上手く動かせていたかによって能力の優劣が決められるのです。

自分が後輩や部下をどのようにマネジメントしてきたかを事前にまとめてPR出来るようにしておきましょう。

 

相手の情報を得よ!

30代の転職者が採用する側から求められるものは20代のころと比べてたくさんあります。

それなのに、いざ面接となった時に相手の事を何も知らないままだと悪い印象しか残らない為採用されるものも採用されません。

相手の事を知ることは最低限必要な準備だと思って、しっかり準備しましょう。

仕事内容

職業別組織

面接を受ける会社がどのような仕事をしているか、仕事内容を確認しましょう。

ここで確認するのは、その会社にどんな職業があるかです。会社はやる仕事によりいくつかの組織に分かれています。経営学ではこれを”職業別組織”と呼びます。

例えば、製造会社だと下記のように分かれます。

製造会社での職業別組織の分け方

商品を作る→製造

商品を検品する→品質管理

商品を販売する→営業

請求書などの書類を作成し発送する→事務

仕入先への支払と顧客からの入金を管理する→経理

会社の規模によっては、人事や秘書などもあります。このように、会社ではいくつもの仕事があり、それぞれの役割によって組織が分れています

組織ごとの仕事内容を把握しつつ、自分がどの仕事内容がしたいのかを吟味したうえで、自分自身が活躍できるようPRする準備をしておくことが重要になります。

ホームページ

ホームページ

面接を受ける前に、受ける会社のホームページは必ず確認してください。ホームページには会社の重要な情報が記載されています

面接の際に質問される可能性もありますし、何よりこちらのPRに組み込むことで良い印象を与えることも可能です。

会社概要には必ず会社の沿革(歴史)が書いてあり、その会社が今まで行ってきたことが書かれています。また、社是や企業理念も必ず書かれています。

そこから、その会社がどのようなことを念頭に活動しているかを把握することができます。きちんと把握しておけば、採用担当者に”魅力を感じてくれている”という印象を与えることができます。

面接を受ける会社のホームページを確認し、その会社の情報を確認して有効利用しましょう。

事前の見学

面接を受ける前に、もし可能であれば事前に見学に行きましょう。直に会社の雰囲気等を確認することで、その会社の現状がわかります。

その現状から、どのような職場環境なのかを判別することが出来ます。例えば以下のようなことです。

挨拶が元気よくされている→社員の教育が行き届いている

働いている人達の表情が明るい→意欲的に働ける環境である

事務所、作業所が整理整頓されている→会社の設備を大切にしている

 

挨拶が無い、聞こえない→お客様への気遣いが身に付いていない

働いている人達の表情が暗い→社員間の関係が悪い

事務所、作業所がごちゃごちゃしている→仕事のクオリティが低い

環境が分かれば、この会社を転職先に選ぶべきかどうか判断することが出来ます。せっかく転職するなら、自分が良いと思った会社を選ぶ方が良いですからね。

まとめ

今回は30代が安定した仕事に転職する為に必要なことをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

安定と言うとどうしても金銭などの労働条件ばかり気にする人が多いです。しかし、それだけでは結局安定するどころか何回も転職してしまう可能性が高くなります。

安定させるべきは”自分自身の状態”です。考え方や気持ちの状態を整理し、安定させながら転職活動を行いましょう。

30代が安定した仕事に転職する為の要点まとめ
  • 転職したいならキャリアカウンセラーに相談する
  • 転職する理由、目的、目標を明確に把握する
  • 自分自身の気持ちを安定させる
  • 自分のスキル、経験、趣味や特技を分析する
  • 実務経験、マネジメント経験からPRする武器を作る
  • ホームページや見学で相手の情報を得る
キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証