自己分析

焦るな危険!30代の転職者は事前に準備が必要な理由とは?

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は30代の転職は焦ってはいけないことをお伝えします。

30代から転職をしようと思ったときに、収入や家庭状況などが気になり、実際に成功するのだろうかと不安になってしまう人はたくさんいらっしゃいます。

不安になると行動するにも躊躇してしまいます。行動したとしても疑心暗鬼になってしまい、最終的に焦ることになります。

そうすると「どこでもいいから転職を決めたい」と考えて行動してしまいがちになります。そういう考えで転職活動をしてしまうと、高確率で転職に失敗してしまいます。

今回は30代の転職において焦ることが危険であること、焦らないためにどう行動すればよいかについてお話しましょう。

特に現在転職をお考えの方は、この記事を読んで慎重に行動するようこころがけてください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

30代転職者は焦ってはダメ!

30代で転職をしようとする人は、まずどんな状況であっても焦ってはいけません。焦って転職活動をすると、高確率で失敗してしまうからです。

転職活動で焦ってしまう理由は、おもに下記の3つが考えられます。

  1. 倒産や解雇処分などで急に転職せざるを得なくなった
  2. 今の仕事が嫌だからと先のことを考えず無計画に退職してしまった
  3. 転職活動していても立て続けに不採用になった

どの理由も、転職後の将来が見えず不安を感じてしまい焦りが出ます。そして、焦れば焦るほど「どこでもいいから転職したい」と思うようになってしまうんです。

焦ると間違った選択をしてしまう

将来に不安を抱き「どこでもいいから転職したい」と思うと何がいけないのでしょうか?答えは手あたり次第になってしまうからです。

焦りが出た転職希望者が不安を拭い去るには「採用」されるしかありませんので、必死になって「採用」されようとします。

なので、自分の希望そっちのけで採用されやすい会社を手あたり次第受けていくことになります。これが危険なんです。この状態だと労働条件を吟味せず転職することになります。

転職が成功し入社したとしても、だんだんと「自分の求めていた環境と違う」と思うようになってしまえば、結局違和感や嫌悪感を感じたまま働かざるを得ない状況に陥ります。

実際に、エン・ジャパン株式会社がアンケートを行った結果、68%ものミドル転職経験者が転職後にギャップを感じたと答えています。

ミドルに聞く「転職後のギャップ」調査

引用:エン・ジャパン・ミドルに聞く「転職後のギャップ」調査 

せっかく転職したのに違和感を抱えたまま働くことは、転職に成功したと言えるでしょうか?

それこそ、前の会社より働く環境が悪かった場合は、もはや失敗したと言わざるを得ませんよね。結局すぐ次の転職を考えてしまうことになるでしょう。

焦るとそのような失敗をする確率が大幅に上がります。なので、転職活動は焦ってはいけないのです。

30代の半数が転職先に満足していない

30代の転職者では、いったいどれくらいの人が転職に失敗しているのでしょうか?

こちらは、エン・ジャパン・ミドルの転職が行ったアンケートにて、「転職後、期待していたことは満たされましたか?」という質問に対しての返答です。

【はい】全体:43%、20代:45%、30代:46%、40代:41%、50代:39%【いいえ】全体:57%、20代:55%、30代:54%、40代:59%、50代:61%

引用:ミドルの転職:「転職に期待していること」について アンケート結果

30代では半数以上の54%が、転職時に期待していたことは転職後に満たされていないと返答しています。しかも、40代50代になるにつれ満足していないと言う人は増えています。

ここから言えるのは、焦って転職先の選び方があいまいになってしまえば、確実に失敗するし、年を取るにつれ厳しさは増すということです。

自分の将来をかけて転職を決断するのですから、焦って失敗するより、吟味して納得のいく転職をしたいですよね。

焦らなくても転職は成功する

焦ってはいけないといっても、「決まらなかったらどうするんだ」と不安に思っている人もいるかと思います。実際に「30代の転職は厳しい」という声は僕自身もよく聞きました。

しかし、それは一昔前の話です。以前よりしく困難ということはありません。むしろ有利な状況ですので、焦らなくても転職が成功する確率は高くなっています。

では、どうしてそうなっているのかをご説明しましょう。

30代転職者は有利な状況

30代の転職者にとって転職がしやすく有利な状況になっている理由は「人材不足」になっているからです。

人材不足を嘆いている理由は次の二つになります。

  1. 20代の若い社員が入ってこない
  2. 50代以上の社員が多く引退が近づいており担い手がいない

この二つの理由により、人材不足を嘆いている会社は深刻な担い手不足に陥っています。特に50代以上の社員に重要な役割を任せている会社は早急な対応をしなければなりません。

そこで、10年以上社会人経験のある30代の転職者であれば、下記のような理由により会社にとって有益と判断されやすいのです。

  • 体力もあり働き盛りである
  • 社会人経験から即戦力として期待される
  • 管理能力によっては将来の重役候補になる

このため、積極的に30代の転職者を採用する会社が増えているのです。

人手不足が深刻化!30代がいまこそ転職するべき理由とは?仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は、人手不足により30代が転職するべ...

有利だと選択がしやすい

30代転職者にとって市場が有利な状況であることはおわかりいただけたでしょうか。有利な状況だともう一つメリットがあります。それが、選択しやすいということです。

転職者を募集している会社はたくさんあります。その中から自分がより働きやすいと思う業種・職種をある程度選ぶことができるのです。

もちろんいくらでも選べるというわけではありませんが、自分の強みをしっかりと理解し、その強みを活かせる環境を求めていけば、それに沿った転職先を選ぶことはできると思っています。

最近では30代から上の世代、いわゆるミドル世代をターゲットにした転職サイトが増えています。これは、ミドル世代の転職需要が増えている証拠です。

特に管理能力(マネジメント能力)があればさらに有利です。自分が今以上に活躍しつつ収入アップとキャリアアップを目指して転職することができると言えるでしょう。

転職活動には時間をかけること

30代の転職者にとって今はとてもチャンスのある時期だということはおわかりいただけたでしょうか。ですが、だからといって「簡単だ」と思うのは勘違いです。

有利であっても、簡単に誰でも受かるというわけではありません。採用する側も、会社の利益になる人材を求めているので真剣に面接などで判断してきます。

なので、気を引き締めて、確実に内定をもらえるように時間をかけて準備をしましょう。

30代が「安定」した仕事に転職するため必要な準備と考え方仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は、30代が安定した仕事に転職する為...

自己分析

転職をするうえで一番必要なことは”自分を知ること”です。自分の考えを知ることで、活躍できる仕事とその条件を導きだすことができます

自己分析というのは実は奥が深く、自分の根本的な部分と見つめ合うことになります。人によっては目を背けていた部分とも向き合わなければなりません。

しかし、それも踏まえて真剣に自分のことを見つめ直してみましょう。そうすることで自分にはどんな仕事が適しているのかや、どんな仕事がしたいのかが見えてくるようになります。

自己分析で見つけた仕事はあなた自身思い入れが強い仕事になっているはずです。もちろん転職するかどうかはあなた自身が決めることになりますが、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

企業情報を調べる

自分を知ることができれば、次は転職先探しです。世の中にはたくさん求人情報がありますので、その中から自分が活躍できる会社を選びましょう。

会社を選んだら、採用試験にのぞむ前に企業情報を必ず調べてください。その会社の仕事内容、部署、経営理念などは必ず把握し、自分がどのように働くか想像しておいてください。

ここで想像しておけば、自分がどのように活躍できるかを面接でアピールすることができます。このアピールが30代転職者にとっては最大の武器になるのです。

また、求人情報の情報はあてにならない場合があります。鵜呑みにしないでください。特に給料や休日数、残業時間などはほぼあてになりません。あまり気にしない方が無難です。

可能であれば事前に会社見学をしておくことをおすすめします。会社見学では、実際に働いている人や場所の状況を確認することができるからです。

ここで、社員の顔が全体的に暗かったり、整理整頓ができていない会社であれば、あまりいい会社ではないと判断することができるので、不要な転職活動を避けることができます。

自分自身の活躍アピールのためと、不要な活動を避けるために企業情報は必ず事前に調べましょう。

面接対策を行う

自己分析と企業情報調べが終われば、最後に面接対策を行いましょう。ここで重要なのは、「セリフ調になってはいけない」ことです。

面接というのは、採用する側の品定めの場所です。あなたが「会社にとって利益になる人間か」を判断される場所なんです。

そんな場所でガチガチに緊張しセリフ調になってしまえば、それは面接官にすぐ伝わります。さらに、コミュニケーション能力が無いと判断されてしまいます。

面接で大切なのは、面接官とのコミュニケーションです。企業が30代に求めるマネジメント能力には、コミュニケーション能力も含まれているのでこの点は見られます。

ですが、特別なことは必要ありません。ちゃんと話を聞き、聞かれたことを答えるだけでいいんです。まずは落ち着いて面接官の話や質問をよく聞きましょう。そして、聞かれた質問に対して、簡潔にわかりやすく返答することをこころがけてください。

まとめ

30代の転職活動は焦ってはいけないことがおわかりいただけたでしょうか。特に30代の転職は人生において一大決心になる重要なことです。

ここで、一番焦る状況があります。それが、「転職が決まる前に退職してしまうこと」です。

30代の転職は、転職する側も採用する企業側も真剣です。なので、すぐ決まるとは思わないでください。長期戦にのぞむ覚悟が必要です。

そのため、先に退職してしまうと、当然収入が無くなりますので生活が困窮する恐れがあります。そうなると、無条件で人間は焦ります。こんな理由で焦ると、うまくいくものもうまくいきません。

なので、半年間ほど無収入でも耐えることができるくらいの貯蓄が無い限りは、在職中に転職活動をすすめましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証