営業

30代の転職は営業が狙い目な理由【現役営業マンおすすめ】

30代なら、営業

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は30代の転職において営業職がおすすめな理由をお伝えします。

30代になってから転職を考えて転職サイトなどで調べると、必ず出てくるのが営業職の募集です。営業職の募集は「30代で応募ができる案件」という条件で探すと、さまざまな業種から募集されているので件数もとても多くなります。

あまりに多いので、一度は受けてみようかなと検討された方もいらっしゃるでしょう。しかし、営業職は世間一般では「きつい仕事」として認知されており、きついと聞いているから迷われた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

むしろ逆で、営業職は30代の転職において最も有力な転職先なのです。今回は30代の転職においてなぜ営業が有力で狙い目なのかをご説明いたします。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

営業が30代にとって狙い目な理由(メリット)

スーツ

ではさっそく、30代にとって営業が狙い目な理由からご説明いたします。

正直、20代が募集しても営業職の募集は多いです。しかし、30代が転職をするとなった場合、20代と違い”求められるもの”が変わってきます。それは「経験」です。

30代の転職者に営業をおすすめするのは、この「経験」を武器に転職しやすく、その後も活躍できる可能性が高いからなんです。それでは、ひとつずつご説明しましょう。

今までの経験が生かせる

30代の転職において主力武器となるのが、あなたが今まで培ってきた「経験」です。営業職は特にこの「経験」武器に立ち回りやすい職種です。

10年も社会人として活動していれば、先輩も後輩もたくさんできるでしょうし、いろんな上司と関わりますね。人によっては部下もできます。そのような職場の人間関係をどう作ってきたかは、マネジメント能力としてあつかわれます。

失敗なんかも武器になります。どんな失敗をしてどのように解決して、どんなことを教訓として学んだかは危機管理能力としてあつかわれます。

さらに、普段何気なく楽しんでいる「趣味」が武器になります。10年もの月日があれば趣味も質が変わります。そこまでいくと、趣味の「知識」が身につきます。その知識を武器にできる趣味に関する業種での営業をやるんです。

このように、10年以上の月日があれば経験することは多いです。その経験すべてが営業として生かせるので営業はおすすめできるのです。

30代にとっては転職しやすい

営業は30代にとっては転職しやすい職種になります。誰にでもチャンスがあると思っていいでしょう。

それは業種問わずたくさん求人募集がされているからです。業種にこだわりが無ければ選択する幅はぐんと広くなります。

30代の営業志願者が企業から主に見られるのはコミュニケーション能力マネジメント能力の2つですから、営業未経験の方でも比較的採用されやすいです。

なので面接の際に質問の内容を理解し的確に返答ができて、なおかつ表情も明るい笑顔で意欲的なことをアピールできれば営業として採用されやすいです。

特に30代であればマネジメント能力や、今まで培ってきた経験から転職先にどのように貢献できるかをアピールすることができれば効果は抜群です。

短期間で出世が望める

30代の転職者は20代と違い生活がかかっている場合が多いです。30代後半ともなれば生半可な覚悟で転職してしまうと、40代から先の人生が台無しになる可能性もあります。そのような方にも営業職はおすすめです。

営業は結果を出せば出すほど認められるので、うまくいけば早い段階で大きい昇給を狙えたり、スピード出世も狙うことが出来ます。

また売るごとにインセンティブ(報奨金)がもらえるところだと報奨金だけで月のおこづかい分がまかなえることもあります。生活がかかった30代には嬉しいシステムですよね。

そして、売れば売るほど成績が上がり評価も上がります。こうなってくると、優秀な人はすぐ役職がついてきます。

営業は会社における最前線の仕事なので「会社に利益をもたらしてくれる」と思われやすいのが特徴です。面接で会社に貢献できるということをアピールし結果を出せば、かっこいいですし会社は必要な人材だと判断します。

30代の営業転職者は結果を出せば優遇されます。スピード出世も狙いやすいんです。自分の経験に沿った営業マンになればその可能性はぐんとあがると考えていいでしょう。

30代から営業をする際気を付けること(デメリット)

失敗

30代から営業職に転職するメリットはおわかりいただけたでしょうか。とても魅力的に感じた方も多いでしょう。

しかし、魅力的な部分もあれば気を付けなければならない部分もあるのが営業職です。

気を付けなければいけない部分を知っておくだけで、営業職に転職する際の気構えができますので、次はそちらをご説明しましょう。

営業は結果が全て

営業という仕事は良くも悪くも「結果が全て」です。常に「結果」を求めなければなりません。

先ほども言ったとおり、営業は企業における「最前線の仕事」です。直接お客さんと話をして、サービスや商品の注文を貰ってくるのが仕事です。

ですので、会社が生き残るかどうかは営業マンにかかってくるのです。

世間一般では「営業は自分の年収の3倍以上稼いできて一人前」と言われています。年収500万円だと、1,500万円の売上を求められるのです。

お客さんと良好な関係を築き定期的に注文を取ってくる営業マンが評価される反面、結果を残せない営業マンは悪い待遇を受けてしまいます。こればかりは変えようのない事実です。

いくら調子が良くてもお得意さんや大口のお客さんと揉めてしまい、取引停止処分などペナルティが発生したら、一発で降格や減給をされてしまうのも営業職の特徴です。

このように営業は結果次第で会社の扱いが変化しますので、常に売上を維持できるようにお客さんとのコミュニケーションをとり、危機管理をしていく必要があります。

最低限のビジネスマナーは必要

30代の営業マンは最低限のビジネスマナーを求められます。求められるというよりは、「あって当然だと思われる」と言った方がよいでしょう。

営業マンが主に会うのは責任者か経営者ですので「30代ともなれば人としてやっていいことといけないことの分別くらいつくだろう」と思われるのが自然なのです。

この点においては20代の営業マンのほうが得をします。20代の営業マンはその若さゆえに、多少手痛いミスをしても「若いから仕方ないか」と思われて許されやすいのです。

時間が経てばそのミスをネタにいじられたりしてお客さんに可愛がられるのも特徴としてあります。

しかし30代ともなると一般的な良識を持っていて当然と思われるので、同じようなミスをすると普通に不愉快に思われるし怒られます。

なので最低限のビジネスマナーは身に付けましょう。身に付けておけばトラブル対処や商談の際にうまく立ち回れば、お客さんから信用され、20代とは違い”同じ目線”で付き合ってくれます。

同じ目線で付き合う事ができればリピーターになりやすいし、困った時には頼ってくれるのでこちら主体で商売の話がしやすくなります。

精神的な成長をしていて当然

ビジネスマナーと共通して、あって当然だと思われるのが「精神的に成長している」ということです。特に人間関係に影響します。

普段からやっている客先への対応もそうですが、社内の人間への対応でもそれが求められます。20代は若さで許されることも、30代では許されないことが多いのが現実です。

たとえばトラブルが起こった時の対処などです。20代のうちなら問題があった場合、上司を頼って解決するという手が使えます。

これを30代がやると「多少の問題は自分で解決するのが当たり前」と思われるので、社内外から「情けない」と思われます。

このように、30代ではいくら転職して日が浅いとはいえ、スタート時点で求められる人間の質は高くなります。いつまでも20代のように甘えることはできません。

年下の人が上に立っても、いくら未経験でも、年齢によってそれなりの対応力が必要になってきます。転職をお考えであれば、一度見直し、備えましょう。

30代で営業職を選ぶ時のポイント

30代で営業職を選ぶ時のポイントがあります。それは、自分自身の目的や人間性に合った会社を選ぶ必要があるということです。

営業は業種を問わない分やり方は会社によって違います。自分に合わないやり方を選んでしまうと後が大変です。

なので求人情報を探す時点で先を見据えて行動する必要があるのです。ここでは特に重要なポイントをご説明しましょう。

稼ぎたいなら歩合制

営業をするなら、どのような給料体制になっているかは重要です。主に「固定給制」「歩合制」があります。

固定給制は毎月の給料が一定額で決まっているため、自分の営業結果に左右されません。

成績が良くても悪くてもあまり変化がないので、成績が悪い営業マンにとっては救いですが、優秀な営業マンには不満になりがちです。

対して歩合制は、成果によって報酬が変わります。やったらやった分だけ貰えるのです。

例えば、売上に対し5パーセントが報酬としてもらえる会社では、1ヶ月に1,000万円売り上げると50万円が給料となります。

サラリーマンで月50万円ももらうとなると大変ですよね。歩合制は成果がそのまま報酬に結びつくので早い段階で高い給料をもらうことも可能なのです。

もし営業への転職が「稼ぐこと」を目的とするのであれば、歩合制のある企業へ転職するべきです。しかし結果を出した分だけの成果が目に見えてわかるので、モチベーションも給料もあがります。

未経験ならルート営業

どのような営業スタイルを選ぶかも重要なポイントです。営業のスタイルは「飛び込み営業」「ルート営業」の2つがあります。

飛び込み営業は客層があまり決まっておらず、全く面識のないところへ手あたり次第直接アタックして営業をかけます。新規開拓も常に行うことになります。

対してルート営業は顧客まわりが中心です。あらかじめ決まったお客さんを定期的にまわり注文をもらってくるので相手はほぼリピーターです。

この2つの大きな違いは、ズバリ「難易度」です。飛び込み営業の方が難易度はとても高くなります。

邪魔者扱いからスタートするので、いかに相手に興味を持ってもらえるようにアプローチするかが重要になってきます。

飛び込み営業はどちらかというと20代の方が向いています。20代の営業は何も考えず行動するだけでも客先が若さで許してくれるので入り込みやすいです。

これが30代だと出来て当たり前からスタートするので、対応次第では失敗するリスクも高いです。未経験者にとってはハードルが高くなってしまいます。

ルート営業は決まったお客さんをまわるので、最初のアプローチが比較的に簡単です。未経験でも丁寧な対応であればすぐ打ち解けるので、20代よりは30代の方が向いています。

未経験者が30代から営業職に転職するのであれば、比較的客先に入り込みやすいルート営業をおすすめします。ルート営業で営業スキルを身につけましょう。

自分の関心・強みのある業種を選ぶ

業種を選ぶ際には自分にとって強みがある業種を選びましょう。この強みとは、自分の趣味や特技、今までどのような経験をしてきたかで変わります。

たとえば、以前働いていた仕事と同業の会社に行くことも強みの一つです。たとえ前職で営業をやってなくても業界の事は自然と身に付きますので、その知識を武器に営業として活躍することができます。

また、冒頭でも述べていますが趣味も仕事にすることが出来ます。嫌いな事を趣味にする人はいませんよね。なので趣味は好きなことになります。

人間は好きなことをしていると自然と知識が身に付きます。好きなことの知識はとても深く、武器になりますので、趣味を仕事にできる業種を選ぶとスタートダッシュができます。

自分の経験を生かせるように、自分の強みを見つけましょう。そして、それを仕事にしましょう。

行動力とポジティブ思考

30代の転職活動を行う上で必要なのが「行動力」「ポジティブ思考」です。これは転職後にも必要になる、営業において最も大切なことになります。

転職活動をどれだけ的確に行動できるかが全てにおいて重要になります。これは手あたり次第に面接を受ければいいというわけではありません。

30代の転職活動は企業から求められる質が違うこともあり、よりシビアなものになります。迷ったままなんとなく行動していてはまず転職できないでしょう。

逆に自信を持って「御社に貢献できます」と言えるようになれば、おのずとポジティブ思考になります。その状態までくれば、転職も成功するでしょう。

まとめ

今回は、30代の転職において営業職が狙い目な理由をお話ししました。いかがだったでしょうか。

営業職が「つらい仕事」と思う人が多いのは間違いありませんが、特に30代が転職するとなると、利点が多い職種であることも事実です。

やり方によっては高い給料を獲得できやすいですし、能力次第でスピード出世も狙えます。「せっかく転職するなら活躍したいし稼ぎたい」と思って転職する人には向いています。

そのために自己分析をしっかり行い、自信を持って行動することをこころがけましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証