転職

【30代の転職】受からないからといって焦るのは危険です。

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。

今回は30代の転職で受からないからといって焦ることは危険だということをお話しします。

30代で転職をしている人でなかなか受からない採用されないということで不安になってる方って結構いらっしゃいます。

実際僕も転職活動して受からずに不安になって焦ってしまったことがあります。

不安になればなるほど焦りって出てきてしまいますよね。でもここで焦ってしまっていうのはとても危険なことなんです。

この動画を最後までご覧いただければどうやったら焦らずに行動できるかが分かりますので、今現在転職活動をして受からなくて焦っている人は最後までご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

受からないからといって焦ってはいけない

冒頭でもお話していますが、受からないからと言って不安になり焦ってしまうのはとても危険なことです。

これはなぜかといいますと、望まない転職につながってしまうからです。

転職活動の最初の頃に仕事内容で転職先を選び、面接でも受け答えが完璧だったにも関わらず落ちてしまった。

希望する仕事内容の同じようなところに書類を送っているのに、全て書類選考で落ちてしまった。

このようなことが続くと、自分には価値がないんじゃないかとまず自信がなくなります。

自信がなくなってくるとだんだんと生活のことなども考えるようになりどんどん不安になっていきます。

不安がつのればつのるほど「早く採用されないとまずいんじゃないか」と思って焦るんですね。

ここまで来ると、転職の理由が変わってしまうんです。「どこでもいいから採用されたい」というのが転職理由に変わってしまうんですね。

そうなると、なりふり構わず受かりやすい会社を選ぶようになるんです。

なりふり構わず受かりやすい会社を選んでしまっていうのは、仕事内容は二の次で労働条件すら吟味しないので、会社を選ぶっていう思考が行き届いていないんですよ。

だから、内定をもらい実際に入社してみたらとんでもない会社だったっていうことがよくあります。そして最終的にまた転職してしまうんですね。

なので受からないからと言って不安になるのは、望まない転職に繋がってしまうので危険なんです。これを防ぐためには焦らないようにする必要があります。

30代の転職は受からないことが普通

受からない不採用が続くと、不安になるのは当然僕も分かります。でも実は30代の転職においては受からないってこと普通にあり得ることなんです。

なぜかと言いますと、同じ募集に30代の人と20代の人が応募した時にはどうしても20代の人が有利になってしまうからなんですよ。

採用する側のことを考えれば、若い人の方が将来性がある上に賃金が安く済むので若い人の方がやっぱりメリットがあるんですね。

そして現状はコロナウィルスの影響もあり有効求人倍率が下がっています。2020年6月30日のニュースではオイルショック後に次ぐ下げ幅のようです。

つまり転職市場は落ち込み始めました。その為企業側有利な状況になっており、1つの募集に3~4人応募してくることも珍しくありません。

そんな状況になると、どうしても30代の人は20代の人に比べてその辺は不利になってしまうんです。

なので不採用になることは普通にあることなんです。あなたが悪いわけじゃない場合も当然あるんですよ。

なので不採用になった会社のことをいつまでも引きずるのではなく、縁がなかったとすっぱり諦めましょう。すっぱり諦めて次の転職活動に進むんです。

焦らないためには

焦らないためには以下2つのことが大事になってきます。

  • 焦らない状況で転職活動することと
  • 受かるための準備を入念に行うこと

この二つをしっかりやっていれば、ほぼほぼ焦る必要はなくなります。ですので腰を据えて転職活動ができます。

今受からないと悩んでいる人は、まずこの2つのことを徹底的におこないましょう。

焦らない状況で転職活動をする

ステップアップ

焦らない状況で転職活動するためには2つ方法があります。

まず一つは、在職中に転職活動を行うということです。在職中に転職活動を行えば収入が途絶えることはありません。

お金の不安がなければ焦ることがなくなるので、落ち着いて転職活動することができるようになります。

もう一つは、半年以上無収入でも耐え切れるお金を確保することです。この場合、保険料・年金・税金なども含めて考えてください。

まずは貯金です。半年以上待機れるほどの金額を現金で持っておくようにしてください。

いくら蓄えがあったとしても、通帳なんかでその残高が減っていくのを見れば無条件で人は不安になるんです。

貯金の金額が多ければ多いほど気持ちは落ち着きます。なので、まずはできるだけ多くの現金を確保しましょう。

次に雇用保険などの確認を取ってください。人によってはもらえない場合もありますので、まずはハローワークに行ってもらえるかもらえないか、もらえるための条件はどうなるのかっていうのをちゃんと確認してください。

あとは税金などです。税金・年金・保険料のことですね。こちらは仕事を辞めると自分で払わなければいけなくなります。

しかし健康保険の任意継続や国民年金の猶予制度などもありますので、一度もよりの役所へ行って確認してみましょう。

このようにお金のことを事前にきちんとしておけば、気持ちに余裕ができ焦る必要が無くなります。後は落ち着いて転職活動に望めばいいでしょう。

受かる為の準備を入念におこなう

次に受かるための準備を入念に行います。ここで必要な準備とは以下の2つになります。

  • 自己分析
  • 転職先の情報収集

この2つをしっかり準備することで、転職活動に自信が生まれ堂々と活動できるようになります。

自己分析

まずは自己分析です。自己分析では自分の望む働き方と自分の強みを掘り下げましょう。

転職する目的、自分自身の願望・欲望を掘り下げることで、自分の中で軸ができるようになります。

軸が出来れば面接でひねった質問をされても、ちょっと考えるだけで芯のある答えができるようになります。

自分の強みは趣味や特技や経験などを掘り下げることで、転職先にどんな利益をもたらすことができるかが考えられるようになります。

転職先の情報収集

次に転職先の情報収集です。転職先の情報収集はその会社のホームページなどから、

  • 会社方針
  • 仕事内容
  • 沿革(これは会社の歴史ですね)

このような情報を見ることで、その会社がどのような人材を求めているかを読み取ることができます。

ここで集めた情報と、自己分析の内容を組み合わせることで、転職先に「必要な人材」「魅力的な人材」だと思わせるようなセリフが作れます。

例えば、僕が工場勤務から営業へ転職した時のことをちょっと分析します。

まず僕は人に関わる仕事がしたいと思いました。この時点で接客か営業かという選択肢が生まれます。

次に僕は活躍したかったので、自分が得意な分野で勝負したいと思いました。僕は情報通信系の専門学校を卒業していたので、情報通信系がいいなとその時は思いました。

その状態で会社を探した時に、通信機器を販売している会社を見つけました。

この会社の情報は以下のとおりになります。

  • 通信機器を販売している
  • 最近立ち上げたばかりの会社(1年)
  • 事業拡大のために営業を募集している
  • 結果を出せば出すほど昇格するし給料も上がる

僕はこの会社情報と自己分析の内容を組み替えてこういうアピールをしました。

ナカヤマ
ナカヤマ

僕は情報処理系の専門学校に通っていたため通信機器には強みがあります。そのため商品知識を早く覚えることができます。

また、アルバイトで接客経験もありますし、若いのでフットワークも軽いので営業に向いています。是非御社で営業として働かせてください

僕はこの自己PRで当時その会社で採用をもらうことができました。

これはざっくりとしたら例なんですが、このように自己分析と転職先の情報収集を行うことで、それを組み合わせて転職先に自分の魅力を伝えることができるようになるんです。

逆に準備不足だと質問に答えられない場合があります。答えられないと確実に不採用になってしまうので、この自己分析と転職先の情報収集はしっかり入念に行ってください。

まとめ

ということで今回は、30代の転職で受からないからと言って焦るのは危険だというお話をしました。いかがだったでしょうか?今回の話をまとめると以下のとおりになります。

30代の転職で受からないからと言って焦るのは危険
  • 焦ってしまうと望まない転職をしてしまう
  • 30代の転職で受からないことは普通にある
  • 焦らない状況の中で転職活動をする
  • 自己分析で自分を入念に掘り下げておく
  • 転職先の情報収集を行い自己分析の内容と組み合わせる

僕自身も経験したんですが、転職活動をやっていて不採用が続くとどうしても不安にはなります。

「将来自分はどうなってしまうんだろう」とすごく不安になったし、「どこでもいいから採用をもらう方がいいんじゃないか」と思うこともありました。

しかしそこで適当な会社に転職したところで、やっぱり失敗するのは目に見えてました。

そこで「不安がるのはもう仕方がない当然だ」と思い不安を受け入れました。

不安なのを受け入れた状態で「この状況は仕方がないから現状の中で落ち着いてやるようにしよう」と腹をくくりました。そうすると前を向けるようになったんです。

今現在仕事を辞めてしまった人、仕事が無い状態の人はすごく焦るとは思うんですけれども、ここで焦ってはいけません。

まずは一旦落ち着いて、自分の状況を改めて見直すことをお勧めします。

在職中の方は今すぐ辞めるのではなく、今仕事を続けながらできることを少しずつ進めていってください。

焦ってしまうと本当にろくなことになりません。不安はいつでもあなたを襲います。慎重に転職活動をおこなってください。

もしそれでも、不安がぬぐい去れないと思うのであれば、よければ僕がご相談にのりますのでいつでもご連絡いただければと思います。詳しくは下記を参照してください。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証