転職

30代女性が転職するならおすすめな仕事3選【目指せ黒幕】

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。

今まで転職や仕事に関することをブログとYouTubeで発信してきました。しかし「女性の転職」については避けてきました。

僕は男なので女性のことを完全に理解することはできません。だから実際に女性のためになる情報をお届けできるか不安だったからです。

ですが僕自身、営業マン時代に優秀な女性の方をたくさん見てきました。僕自身頼りっぱなしになっていた方もいます。

その経験を踏まえて、僕が女性におすすめできる仕事を3つご紹介いたします。転職を考えている女性の方は、まず最後までご覧いただき、参考のひとつにして頂ければ幸いです。

もしご意見ありましたら、ぜひこちら(@mn_k19831231)から教えてください(苦笑)

今回の動画はこちらから!!

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

女性が転職するうえでのポイント

女性の転職といえど、基本的な部分は男性と変わりません。20代は伸びしろを期待されるし、30代は即戦力になるかどうかを期待されます。

そのうえで女性の転職で重要になってくるのが「結婚・出産・育児」になります。20代30代の女性であれば、産休や育休の取得や、取得後も変わらず再就職できるかなどは特に気になるところでしょう。

会社側も、すぐに退職となるのは避けたいところです。なるべく長く働いて欲しいと思います。お互いの思いや要望に差が生じやすい部分になります。

この部分を踏まえて女性の転職で大事になるポイントは2つあります。

  • 結婚や育児に理解のある会社を選ぶ
  • 会社の希望にはできる限り歩み寄る

会社選びの段階で結婚や育児に理解のある会社を選ぶようにしましょう。最近では産休や育休の取得実績を公開している会社もあります。ホームページで調べたり、転職エージェントを利用してデータを探るのもありです。

それと会社側の要望も考慮することを忘れないでください。こちらも会社側に歩み寄らないと、雇ってもらうことが難しくなるからです。きちんと話し合いをし、折り合いをつけるようこころがけてください。

以上2つが女性の転職において大事なポイントになります。これから転職をするのであれば必ず参考にしてください。

僕が思う女性に合う仕事

女性が転職をするのあれば、僕からは「人と接する仕事」をおすすめします。看護師や接客業、客先対応業務のある事務員などがいい例ですね。

なぜかというと、僕自身が営業として仕事をしていた時に優秀な女性とたくさん関わってきたからです。優秀な女性は社内外問わず頼りにされる存在になります。

「看板娘」といったらわかりやすいですかね。(たとえ年齢的に”娘”と言えなくても・・・失礼しました)僕自身も社内の優秀な女性には頭が上がりませんでした。

客先から「おまえんとこの事務員が良く知ってるから聞け」と言われたくらいです。実際聞いてみるとすんなりと客先の特徴やパターンを答えていました。恐るべしです。

さらに、このような女性が経理などお金の管理も担当すれば最強です。表向きは一般社員であっても実質その職場の実権を握るのです。会社によっては社長に意見する人もいます。その様子はまさに「黒幕」です。

そして、そのような黒幕的存在の女性はほとんどの会社で存在していました。だから営業時代は、最初に黒幕的存在の女性と仲良くするようにしました。仕事の難易度が劇的に変わるからです。

このような存在になれる女性はもちろん限られていますが、共通して言えることはどんな人でも対応が変わらず的確であまり嫌味たらしくないことです。

誠実な対応をこころがければ誰でもそのような存在になれます。だから女性には人と接する仕事をおすすめします。

おすすめの仕事3選

人と接する仕事といってもたくさんありますよね。今回はその中でも、特におすすめする仕事を3つチョイスしました。僕がおすすめする仕事は以下の3つです。

  • 営業職
  • カウンセラー
  • コンサルタント

この3つは特に女性独自の強みを活かせば優秀な人材になる可能性があります。詳しくご説明しますのでぜひ参考にしてください。

営業職

営業職をおすすめする理由は懐に入りこみやすいからです。女性の営業は男性よりも相手の懐に入り込みやすいんです。相手が男性でも女性でも変わりません。

相手が男性の場合は無条件でちょっと嬉しい気分になる人がほとんどです。「女だから」と舐めてかかる人もいますが、本心はちょっとうれしかったりします。

女性だからと差別する人は以前に比べだいぶ減っているので気兼ねなく仕事に取り組めば、よほどの女嫌いでない限りは仕事に支障はないでしょう。

相手が女性の場合、女性は仕事になるとシビアに考える人が多いので最初は厳しいかもしれません。しかし仕事を進める中で関係が深くなれば仲間意識を持ってもらえます。

物腰柔らかく対応しきっちり仕事をこなせば女性の方が信頼されやすいので、うまくいけば男性営業マンよりも可愛がられる存在になるでしょう。

営業職自体が大変な仕事です。時間外労働などもよくあるので、そこは見極めが必要ですね。

その場合はリモートワークで完結する「インサイドセールス」なども検討するとよいでしょう。インサイドセールスについてはこちらの動画をご覧ください。

カウンセラー

カウンセラーもおすすめの仕事です。女性がカウンセリングをすると、話を聞いていると思われやすいです。だから相談者は話を聞いてくれると思い、安心して自分の思いを話しやすいんです。

この仕事では女性の特徴が発揮されます。「母性」と「感情」ですね。感情的な部分は男性より女性の方が得意分野になります。これに母性が加わることでより親身に話を聞いてもらえると思わせることができるんです。

実際に僕も精神的に病んでしまい心療内科に行った時は女性のカウンセラーさんが対応してくれました。最初は緊張しましたが、こちらの言うことを熱心に聞いてもらえたので、1時間みっちりと話を聞いてもらえてすっきりしたのをいまでも覚えています。

このような理由から、カウンセラーは女性に向いている仕事だと僕は思います。

感受性が強すぎると相手の話を聞いているうちに自分がネガティブになりやすい方もいます。

親身になって聞くのも大事ですが、自分に悪影響を及ぼさないところで切り上げるのも大事なことです。気をつけましょう。

コーディネーター・コンサルタント

コーディネートなどの仕事も女性に向いています。カウンセリングのように相手の話を徹底的に聞くようにすれば、相手が自然と要望や問題点を話してくれます。それをていねいに拾いましょう。

その要望に沿って感受性をフルに発揮し想像力を掻き立てることで、より有利なプランを作り提案することができます。この点は男性でも優秀な人はいますが、やはり女性の気配りの方が長けていると思います。

ブライダルコーディネーターやフラワーコーディネーターなど女性が特に強い分野では優秀な方はたくさんおられますよね。

同じような理由で考えればコンサルタントも向いているかもしれません。戦略コンサルタントなどよりは、営業コンサルタントなどの手法や管理に関わる分野であれば女性の方が強みを活かせるのではと感じています。

まとめ

今回は30代女性が転職するならおすすめの仕事を3つご紹介しました。いかがだったでしょうか。今回の話をまとめると以下の通りになります。

30代女性が転職するならおすすめの仕事
  • 育児などに理解ある会社を選び条件は歩み寄る
  • 人と接する仕事をすることで黒幕的存在になれる
  • 相手の懐に入り込みやすい点で営業に向いている
  • 相手が話を聞いてくれていると感じるのでカウンセラーに向いている
  • 女性ならではの提案ができる点でコーディネーター・コンサルタントに向いている

今回の話は僕が感じた内容をお話しています。当然すべての女性が該当するということは無く、人によっては不向きな方もいらっしゃいます。

黙々と作業をこなす仕事、ものづくりの仕事、女性がやるには珍しい仕事などの選択肢はまだまだたくさんあります。

なにより大事なのは「意欲的に働ける環境」です。結婚や子育ても含めて意欲を持てるかどうかです。

メディアなど見れば厳しい現実ばかり目にしますが、昨今ではその辺の理解をしようとしている会社もたくさんあるので、じっくり探せばよりよい環境は見つかると思います。

現在転職をお考えであれば、今回の話も参考にしながらご自分の将来をじっくり考えて頂けると幸いです。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証