転職前の考え方

30代は仕事が嫌でもすぐに辞めてはいけない理由【準備!】

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は、30代は仕事が嫌でもすぐに辞めてはいけない理由をお伝えしようと思います。

こう聞くと「それは個人の自由だろう」「お前に言われる筋合いはない」とお思いの方もいらっしゃることでしょう。以前の僕も同じように反発していたと思います。

そんな僕が「会社が嫌ならすぐに辞めてはいけない」と言うのは何も「辞めるな働き続けろ」と言うわけではないんです。「辞めるならその前に準備をしよう」と言いたいのです。

準備と聞いてピンと来ない方のために、今回はどのような準備をすればいいかをお話させて頂きます。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

仕事が嫌だと思うだけで辞めてはいけない。

何度も言いますが「仕事が嫌だ」と思うだけでは仕事は辞めるべきではありません。体調や精神に悪影響があり、病んでしまっているのであればすぐ辞めるべきです。単純に嫌だと思うだけなら辞めるにはまだ早いと言いたいんです。

実際に、嫌だからという理由だけで仕事を辞める人はいます。しかし、こんな人は「準備」が足りていない人が多いです。

勢いだけで辞めてしまい、その後に転職活動をしても何をしていいかわからなくて適当にすすめてしまいがちです。

転職活動が長引いてしまい無職・無収入生活におちいってしまったり、転職先を適当に選んでしまったら以前の会社よりも悪い環境になって「前の方がよかった」と後悔してしまったりする可能性が高いです。

そうなると何のために転職したわかりません。本末転倒と言えるでしょう。そうならないために「自分がこれから何をすべきか」を見つけ出す必要があります。これが「準備」です。

自分自身を見つめ直す

仕事を辞めたいと思ったら、まずは自分自身を見つめ直しましょう。まず見つめるべきことは「なぜ今の仕事が嫌なのか」という理由です。この理由は人によって様々あります。代表例としては以下のような理由が挙げられます。

  • 人間関係
  • 職場の雰囲気
  • 会社方針
  • 仕事内容
  • 仕事のやり方

この他にも人により理由はたくさんあると思います。しかし、その理由によっては、転職しても解決しない場合があります。

特に人間関係のような仕事でもプライベートでも関係性がある理由であれば、会社を変えるだけでは解決せず同じことを繰り返す可能性があります。

それなら今の会社を辞めるより、自分のやり方や考え方を変えるべきかもしれません。辞める前に一度思い返して、今の職場やプライベートでいろいろ試してみる方がよいでしょう。

仕事内容や会社の方針など会社が理由であるのなら、どのような部分が気に食わないかも自分の中でまとめておくべきです。

それが自分の中でまとまっていれば、辞めた後に自分がどのような環境を求めているかがわかるので、次の行動が取りやすくなります。

ブラック企業という言葉に振り回されてはいけない

会社が嫌だと言う人のほとんどが「自分の会社はブラックだ」と言っています。ブラック企業と聞くだけで、待遇が悪く働きづらい会社だとすぐ想像できるので便利な言葉ですよね。

この言葉が世間に広まった理由としては、世の中にはいまだに待遇や社内の状況が悪い会社がたくさんあるからです。大衆がこの言葉に共感したからです。

ですが、昔はそれが「当たり前」でした。むしろ「誰よりも仕事に没頭したやつはえらい」と思われたくらいです。仕事ができなくても長い時間働いていれば許されていたのですから、人によってはある種いい時代だったのかもしれません。

働き方改革以降はそのような考え方は淘汰されはじめています。と同時に企業によってはブラックな部分を改善しようと必死になっているところもあります。

なので、転職を考える場合は「ブラック企業」という言葉にだまされないよう注意してください。ブラックの基準はけっこう人それぞれであてにならないんです。

口コミサイトを調べたりするのもいいですが、できるなら実際働いている人に話を聞いてみたり、見学してみたりして実際の生の状況を確認するようにするといいですよ。

自分のしたいこと・やれることを見つける

仕事を辞めるのであれば、辞めた後に自分が何をしたいか、何ができるかをはっきりさせる必要があります。逆に言えば、前向きな考えがなければ仕事を辞めるのはおすすめしません。

前向きな考えがなければその後の転職活動がうまくいきません。仕事を探すにしても、給料や休日数などの労働条件ばかり見てしまうし、普段の言動にも影響しがちなので、採用面接で前の会社の文句が自然に出てしまうこともあるかもしれません。

この状態で仮に転職ができたとしても、ほとんどの方はすぐ嫌になって辞めてしまうことでしょう。

辞められる人はまだいいかもしれません。年齢や家庭環境などの理由で、辞めるに辞めれない状況になる人もいます。そんな人は嫌な仕事を辞めることも出来ず続けなければならないんですから最悪ですよね。

だからこそ、仕事を辞めるのであればその前に何がしたいか、何ができるかを見直しましょう。

ちなみに、方向性が決まったら仕事を辞めることは何とでもなくなります。笑って退職届を提出できますし、会社側から引き留められても気持ちがブレることはありません。自信を持って将来に向けて行動できるようになります。

まとめ

今回は、仕事が嫌ならすぐ辞めるなという話をしました。いかがだったでしょうか?

何度も言いますが、仕事が嫌ですぐ辞めたいと思う気持ちはよくわかります。僕も転職を経験しましたが、その時は嫌だという気持ちが先行していました。

でも「その後どうするの」と聞かれると、全く考えていなかったので答えられませんでした。こんなことがないように、この記事を読んだあなたはしっかりと自分自身と向き合って、

  • 自分は何がしたいのか
  • 今の自分には何ができるのか
  • 何が気に食わなくて今の会社を辞めたいのか

このつ3つのことを見つめ直してみてください。ここまで見えれば方向性は定まるはずです。あとはそれに向かって頑張るだけです。自分の将来のために頑張りましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証