転職

コロナウィルスで接客業が崩壊!店員さんの未来はどっちだ?

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は、「コロナウィルスにより崩壊する接客業」についてお話させて頂きます。

みなさん体調は大丈夫ですか?食べものの味はちゃんと感じていますか?4日連続37.5度の熱にうなされていませんか?

コロナウィルスはだんだんと深刻になっていき、ついには我々から「娯楽」を完全に奪っていきました。理由はもう、言わずもがなおわかり頂けると思います。

ご冥福をお祈りいたします。

さて、そんなコロナウィルスにより、ある業界が崩壊の危機を迎えています。

それは、接客業です。

接客業は現状、前代未聞の大惨事となっています。果たしてどんな状況になっているのでしょうか?

今回は、接客業で今起こっている惨事と、不安に思っている人たちが少しでも安心できるような情報を提供したいと思います。

なお、こちらの記事は動画版もご用意してあります。ぜひこちらもご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

接客業の現状

接客

コロナウィルスにより休業状態の店舗が増えています。客足が遠のき売上が上がらないため、休業せざるを得ない状態です。

旅行業、アミューズメント施設、宿泊施設、飲食店など多方面に影響が出ている状態ですね。

店側は従業員の給料を補填するだけの余裕がないという情報もテレビやネットニュースなどいろんなところから聞くようになりました。

この状態が半年続くと、国内の8割の店舗は倒産の危機を迎えるという情報もあります。現に、すでに倒産している会社もどんどん増えています。

実際、僕の知り合いで旅行代理店に勤めている方がいるのですが、コロナウィルスによる国内自粛要請が出たため、会社判断で4月からお休み状態になってしまったそうです。

旅行業界は真っ先にコロナウィルスの影響を受けていますし、その上で自粛要請ともなれば店舗を開くこと自体がリスクになるので、この決断は致し方ないのでしょう。

とはいえ、店舗休業は接客業にとっては死活問題です。接客業はコロナウィルスの影響を受けて店舗休業という危機を迎えているため崩壊が始まっているのです。

店員が辞めていく

退職届 提出

日用品を売っているスーパーやドラックストアの店員さんがTwitterなどで悲鳴をあげています。

コロナウィルスの深刻な状況の中で、店員さんに対して心無いことをしている人がいまだにいるのが原因です。

マスクなどいまだ品薄状態の商品が無いことで苛立ち、毎日のように店員さんに当たるお客様がいらっしゃるそうです。

また、マスクをつけていないお客様もいらっしゃるのですが、そんな人ほどレジで店員さんの目の前に立っているのに至近距離で咳をする人がいまだにいるそうです。

仕事中なので我慢するそうですが、コロナウィルスの情報はすでにたくさん出ているので、当然自分が感染しないか不安に思っている人もたくさんいます。

そのような不安や憤りを押し殺しながら働いているので、精神的にまいってしまう人、耐え切れず辞めていく人が増えているのです。

接客業の人数が減るとどうなるのか

閉店スナック

接客業の人数が減るとどうなるでしょうか。経済的に苦しくなり国や自治体に入ってくる税金が少なくなります。

総務省統計局の労働力調査結果によりますと、平成30年の時点で接客業に従事している方は卸売・小売業16.1%、宿泊業・飲食サービス業6.2%で、合わせて22.2%です。

これに他の分類されないサービス業6.7%を加えると、27.9%になります。

引用:総務省統計局:労働力調査結果

つまり、国内の働ける人達の約3割が接客業をおこなっていることになります。

この状態で接客業が崩壊すれば、極端な話ですが収入の無い人が3割増えます。するとそのまま3割税金が集まりません。年金も、保険料も同じことが言えます。

そうなると、取れるところから取らないといけなくなるので税金などは軒並み上がる可能性も考えなければなりません。

物価も上がるかもしれませんね。生活必需品を買うとなると大変です。店舗は少ないわ物価は上がるわとなれば、在庫が無くなる危険性が常にあるし金額も高いです。

セールになれば主婦の方々が殺到し買いだめが始まります。買いだめが始まったらどうなるか・・・みなさん現在経験してますよね。

こうならないように政府は頑張っていると思います。

(まぁ、メディアからはそれは見えませんし、信用できるかと言えばぶっちゃけ悩んでしまうのが本音ですけどね。)

話が少しそれましたが、経済は全て繋がっています。接客業が崩壊してしまえば直接的にも間接的にも僕たちの生活に影響は出ます。これは深刻な問題なのです。

だからこそ、僕たちは接客業をおこなっている方々をもっと大事にしないといけないのです。

接客業からの転職

とはいえ、病んでまでやる仕事はありません。どの業種でも、どの職種でもです。なので今回は、転職をお考えの方のために情報を提供いたします。

接客業から転職する場合はやはり人と接する仕事が合っています。それを踏まえて個人的におすすめできる仕事は以下の3つになります。

  • 営業職
  • 介護職
  • 配達員

営業職

スーツ

接客に自信がある方は営業職がおすすめです。営業はコミュニケーションが第一の仕事なので、接客業で培ったコミュニケーション能力をいかんなく発揮できる仕事です。

接客業と営業は共通するところが多々あります。違いがあるとすれば、相手が商品を欲しがっているか欲しがっていないかの違いです。

毎回冷やかし客を相手にするイメージだとわかりやすいと思います。

その辺の苦労はありますが、接客業でコミュニケーション能力を養っていれば、すぐ相手の心のうちを引き出せるようになると思います。

ここがクリアできれば安定して仕事を取れるようになることも現実的に可能です。そういった点では営業職はおすすめです。

介護職

介護

面倒見がよければ介護職に転職するのも向いていると思われます。接客業で培ったコミュニケーション能力とクレームへの対応力がそのまま活かせるからです。

介護職は利用者のお世話をしなければならないため重労働です。そのうえでコミュニケーション能力も必要になる大変な仕事です。

人間歳をとればわがままが出てきます。利用者は全て高齢者なので、そのわがままをできる限り聞いてあげるのも介護士の役割だと聞きました。

この点は、接客業でクレームを冷静に対処できていれば、介護職でもわがままを冷静に判断し動くことができると思っています。

冷静な判断力と体力に自信があれば、介護職を検討してみてはいかがでしょうか。

配達業

もし車の運転ができるのであれば配達業などいかがでしょうか?配達業にはコミュニケーション能力と、店内状況を把握する能力が活かせます。

配達業でも種類があります。決して荷物だけではありません。給食や清掃用具、コーヒーなども配達しています。

個人的におすすめするのが、清掃用具やコーヒーなどの法人向け商品の配達です。

法人向けの場合、定期的に訪問する必要があるのですが、店内状況を把握できる人であれば会社ごとに商品がどれくらいで不足し、いつ頃補充が必要かすぐわかるようになります。

その感覚があれば容易にスケジュールを組むことができるでしょう。加えて、コミュニケーション能力で愛想を振りまけば、法人の場合ファンが出来る方も中にはいらっしゃいます。

(僕もサラリーマン時代はコーヒーを補充してくれるお姉さんのファンでした。)

この点で考えれば、接客業から配達業への転職も有効だと言えるでしょう。

まとめ

今回は、コロナウィルスにより接客業が崩壊するをテーマにお話しました。いかがだったでしょうか。今回のお話をまとめると以下のようになります。

コロナウィルスにより接客業が崩壊する
  • コロナウィルスの影響で休業・倒産が相次いでいる
  • 心無いお客様により苦しんでいる店員がいる
  • 接客業が崩壊すると連鎖的に全員生活に支障が出る
  • 転職するなら人と接する仕事がおすすめ

接客業をしていて苦痛を感じている人がいらっしゃることは現実的な話です。僕としては、病んでまでやる仕事はないとずっと言っているので、無理はしてほしくないです。

なので、潰れそうになったり病んでしまうくらいなら、長めの休みを取ったり、それが無理なら仕事を辞めて転職することを検討したりしてください。

出来る限り無理しないでください。

コロナウィルスの影響で転職しづらいタイミングかもしれませんが、募集している会社がなくなったわけではありません。一度どんな求人があるか調べてみるのもよいでしょう。

どう調べればいいか分からない場合や、転職を考えているが不安が消えず迷っている場合は、僕に一度相談してみてください。

そのお悩みが解決できるよう真摯に対応させて頂きます。

転職・仕事の悩みはおまかせを!個別相談で自分らしい働き方を見つける! 個別相談がおすすめな人 個別相談は、仕事に対してお悩みの方であればどなたでもおすすめです。 キャリアカウンセラーとして、お悩...

また、この記事をここまでご覧いただいたあなたには、接客業で働いている方の現在の苦しみを理解していただけたかと思います。

もし、ご自分を振り返って「全く気にしていなかった」と少しでも思われたのなら、店員さんにも気遣いをしてあげてください。

特にコロナウィルスは日に日に深刻な問題になっています。他人に移っても「関係ない」では済まされない状況になりました。

自分も、まわりの人も、他人も守る為に、うがい手洗いを徹底し、相手との距離を取るように気をくばり、対面する時は相手が不安がらないようマスクをしましょう。

マスクが無ければ最低限、手で口元を隠すなりハンカチを使うなりしましょう。

この状態が長引けば現在の数倍は深刻になります。ここまでくればひとりひとりの意識が重要になってきます。

全員でこの状況が早く終わるように対策を取っていきましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証