転職

営業職から転職するならおすすめの仕事5選【なんでもできる】

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。

先日、営業職から転職する上でおすすめの仕事が知りたいという質問を頂きました。ありがとうございます。

実はYouTubeのコメントでも簡単にお答えしましたが、それだけではあまりにも簡単過ぎるのと、一番肝心なことをお伝えしていなかったので動画にしました。

ということで今回は、営業職から転職するならおすすめできる仕事を5つほどご紹介したいと思います。

現在営業の仕事をしているが転職したいなと思っている方には為になる話ですので、ぜひ最後までご覧ください。

今回の動画はこちらから!

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

営業はなんでもできる

上司

ぶっちゃけ言えば営業はなんでもできます。その気になればどんな仕事に転職しても通用します。

その理由は営業が全ての仕事に通ずるからです。商売の流れを自然と身につけられるからなんですね。

公務員以外のすべての仕事は営利目的です。利益を出すために働きます。利益を出す場合収入と支出を考えますが、営業をやれば自然とこの考えが身に付きます。

仕入れや在庫のバランス商談の一連の流れ金額設定や金額交渉契約から納品まで一連の流れを経験することで、どんな仕事でも基本的な流れを把握することができます。

商品やサービスがどうやったら売れるかも常に考えているので、商品知識さえあればどんな仕事でも対応は可能です。営業職を経験している人は自信を持ってください。

営業職から転職するならおすすめの仕事

これからおすすめの仕事をご紹介します!これからお話する仕事はどれも”営業経験があると有利になる”仕事です。

しかし人によっては向き不向きもあるので吟味が必要です。鵜呑みにするのではなく、自分だったらどう働くかを想像しながらご覧頂けると幸いです。

転職するのであればぜひ参考にしながら転職活動をすすめてみてください。

企画・商品開発

企画

営業は基本的に「物を売る」のが仕事ですので、企画や商品開発の仕事にも活かせることができます。

営業は常にお客さんからの要望やクレームを受けているので、”どんなものが売れるのか”を考えられるようになります。

その考えをもとに、よりよい商品を提案したり、よりよいサービスを企画することができるのです。

常に要望を聞き、クレームを受ける営業マンは企画・商品開発に向いていると言えるでしょう。

マーケティング

結果

営業はマーケティングにも強いです。これは営業が「物を売る仕事」だから通用するのです。

常にどうやったら物が売れるかを考えるのが営業マンです。それはなにも、商品の良さだけではありません。物を売るには「売り方」を考えることも大切になります。

例えば、あなたが売る商品を「どのような人が使うと得をするか」「どんな場所で使用されると効果があるか」などです。

この考え方自体がマーケティングになるのですから、営業は自然とマーケティングを行っているのです。

なので、マーケティングの仕事に転職してもすぐに活躍できるでしょう。

人事・就職支援

打合せ

会社の人事・採用担当の仕事は営業職で経験した「人を見る」というスキルが役立ちます。

営業をやっていればいろんな人と関わるので、人と多く出会えば出会うほど、人を見る目が養われます。その人がどういった人で、どんなことができるのかを予想することもできます。

これができると、面接官ができるようになります。新入社員の採用だけでなく、会社内の部署異動なども担当できます。

その人に合った仕事を割り振ることもできますし、不適切な人を異動に促すことも可能となります。

同じ理由で就職支援の仕事にも向いていると言えます。企業と求職者の要望をマッチングさせる仕事になります。転職エージェントやヘッドハンターですね。

ただ最近はコロナによる不況により人材業が難しくなっていると聞きます。就職支援の仕事をする場合は慎重にご検討ください。

経理・事務

経理

経理や事務の仕事では営業職で身に付くお金の考え方と書類作成能力が役に立ちます。

営業はお金(対価)を受け取るまでが仕事ですので必然的にお金に対しての考え方がシビアになります。仕入、売値、粗利などの構成も自然と身に付くので経理の基本が身に付きます。

また、お金をもらう為に必要な書類を作成するのでその能力も身に付きます。見積や提案書、契約書などがそうです。

こういった書類は書き方に相当気を遣うので、慣れればどんな書類でも対応ができるようになります。

営業職に事務仕事はつきものです。営業をしていれば事務・経理の仕事もすんなり入り込める人もいます。こちらで力を発揮し出世する人も珍しくはありません。

フリーランス

フリーランス

これまでおすすめの仕事を聞いてピンとくる人もいるでしょう。営業をやっていればフリーランスで独立することもおすすめです。

商売の一連の流れが理解していれば、ひとりででも仕事をすることは可能です。

何より、自ら営業活動をおこない売り込むことができるので、営業ができることはフリーランスとして強みになります。

サラリーマンと違い売れた分は全て自分の利益になります。営業職を経験した方はフリーランスという道も検討してよいでしょう。

まとめ

今回は営業職から転職するのであればおすすめできる仕事をご紹介しました。いかがだったでしょうか。

今回の話をまとめると以下のとおりになります。

営業職から転職するのであればおすすめできる仕事
  • 基本的にはどのような仕事にも対応できる
  • 常に要望を聞き、クレームを受ける営業マンは企画・商品開発に向いている
  • 営業は自然と売り方を考えられるのでマーケティングに向いている
  • 「人を見る」というスキルが養われるので人事・就職支援の仕事に向いている
  • お金に対しての考え方や事務作業が身に付くので経理・事務仕事に向いている
  • 一連の流れが理解でき自ら営業ができるのでフリーランスに向いている

これから転職する営業マンの方はぜひ参考にしてください。

しかし、あくまでおすすめできる仕事であり、人によっては不採用になってしまう場合も考えられます。

年齢などの要因もありますが、コロナウィルスの影響が大きくなっているのも原因として考えられます。

「すぐにでも辞めたい」と考えているかもしれませんが、何度も言っていますが焦ってはいけませんよ。特に今年は死活問題になります。

これから転職活動をおこなう場合は1年くらい長期戦になる覚悟も必要なのでしてくださいね。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証