30代が使うべき転職サイト

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。今回は30代が転職する際に使うべき転職サイト・転職エージェントをご紹介いたします。

現在の転職においては無視できないくらい転職サイト・転職エージェントの情報が世の中にたくさんあります。そのため「どこを選べばいいのよ?」って迷っている人もたくさんいます。

今回はそんな方のために、僕自身が使ってみて「いいな」と思ったサイトをいくつかご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてもらい、自分自身の転職活動に活用してみてください。

転職エージェントの仕組みを理解する

転職サイト、転職エージェントを利用する前にどのような仕組みになっているかを理解しましょう。転職サイト、転職エージェントは営利目的の民間企業です。

そして転職サイト・転職エージェントの利益は客先である企業が、紹介した人材を採用した際に仲介料を支払うことで計上されます。つまり、転職サイト・転職エージェントの商品は転職希望者です。あなたが商品になるのです。

そのため、商品であるあなたたちを採用まで持っていくことが転職サイトおよび転職エージェントの仕事になります。まずはこれをしっかり覚えておきましょう。そして転職サイトと転職エージェントはそれぞれ使い方が異なります。

転職サイト

転職サイトは情報が掲載されているだけのサイトで、イメージとしては掲示板です。そのためサイト側からは求人案件の紹介はありません。利用者は自分で情報を吟味し、自分自身で応募することになります。

サイトによっては転職エージェントもサイトに登録しており、ご自分の情報を登録すると転職エージェントから求人案件の紹介や、担当したいとオファーがきたりします。

自分自身で選びやすい反面、情報を吟味する必要性があるので、ご自分でもガンガン活動していきたい人は転職サイトを使う方が合っているかもしれません。

転職エージェント

転職エージェントは転職サイトと違い、最初から担当者がひとりついてくれます。案件探しから面接などの日取り決めなどをエージェントが仲介してくれます。

転職エージェントは一番最初に面談をします。今まで培ってきたキャリアや経験、転職するうえで叶えたい要望を確認したうえで、あなたに適している求人案件を紹介してくれます。

自分自身でどう動けばいいかわからない人、不安な人は転職エージェントを利用するといいかもしれません。

ただし、中には営利目的で無差別に案件を紹介したり、無理やり応募させようとするエージェントも存在しているので注意が必要です。完全に任せきりにせず、自分の考えを都度伝える必要があります。

景気によって活動が変わる

転職サイト・転職エージェントの活動は社会の景気によって変化します。

たとえば、コロナウィルス流行以前は企業が人材不足により採用活動が活発でした。転職エージェントにはとてもやりやすい状況だったんです。

しかし、コロナウィルス流行以降は景気が大きく変化し、企業の採用活動が縮小傾向になりました。エージェントも民間企業なので売上がなければ食っていけません。

そのため「何がなんでも企業に採用してもらわなければならない」状況になるので、エージェントの中には「無理やりでも企業に採用させよう」とする人も出てきます。

  • 希望している仕事ではなく採用されやすい会社をすすめる
  • エージェント会社に都合のいい企業を紹介し無理やり採用させる
  • 転職するのが難しい人材はないがしろにして採用されやすい人材に力を入れる

など、理不尽な状況になっている例もよく聞きます。現状、転職エージェントの言いなりになると、望まない転職をしてしまう確率が高くなっているんです。

言いなりにならない

転職サイト・転職エージェントを利用する際は言いなりにならないようこころがけてください。言いなりになると、さきほどお話したとおり、望まない転職をしてしまい、結果失敗してしまうからです。

転職エージェントを利用する前に、自分がなぜ転職をするのかをしっかりと意識しましょう。そしてその理由、目的、目標、要望をしっかりと伝え、それに沿った案件を選ぶようにしてください。

もし要望や条件にそぐわない会社を紹介された際は一度理由をしっかり確認し、曖昧にさせないようにしてください。

もしその理由があなたのことを考えている理由だと感じれば、あなたもまんざらではない気分になると思います。しかしそれでも応募する前に自分自身で吟味してください。

紹介された理由があなたのことを考えていないと感じれば、絶対断って応募しない方がいいです。せっかく苦労して転職するのですから、自分自身の要望をなるべく叶えるように心がけてください。

どちらの状況でも大切なのは「選択権は自分にある」と意識することです。転職サイトや転職エージェントの言いなりになって希望していないのに応募してしまうと、時間がもったいないです。

きちんと自分で考え、違和感や嫌悪感がある場合は必ず避けるようにしてください。それを踏まえたうえで、30代の転職に強く利用価値のあるサイトをご紹介いたします!

おすすめその① JAC Recruitment

  • 業界別にコンサルタントが分かれている(14部門)
  • エージェントが企業も担当しているのでよりマッチする企業を紹介してくれる
  • 年収アップの転職に強い。30代の転職にも強みがある。

JAC Recruitmentへの登録はこちらから!

JAC Recruitmentはハイクラスの求人案件が多く、外資系企業への転職や年収アップの転職を売りにしている転職エージェントです。そのため30代の転職には非常に向いていると言えるでしょう。

ハイクラスに注目しがちですがそれ以外にも強みがあり、特に注目すべきは業界別にコンサルタントが分かれている点です。

12の業種に対応した部門に分かれているだけでなく、経理・人事・総務・法務などの管理部門や社長、役員、部長職などの経営陣向けの転職を専門とした部門もあります。

合わせて14の部門からあなたの要望に沿ったエージェントが選ばれるので、分の意向に沿ったエージェントに出会える可能性が非常に高いと言えるでしょう。

また、企業と転職希望者両方のサポートをおこなう「両面型」の転職エージェントなので、よりあなたのニーズと合った企業を紹介してくれる期待が持てます。

30代の転職においてはニーズの合った企業を紹介してくれるエージェントは利用する価値が高いので、ぜひ登録してみてください!

JAC Recruitmentへの登録はこちらから!

おすすめその② ビズリーチ

  • 一部有料だが企業側から「本気」と見られ質のいいスカウトがくる
  • 転職する気が無くても、無料登録すれば自分の市場価値や市場状況がわかる
  • ミドル層・ハイクラス層がターゲットなので30代転職者にとって情報が多い

ビズリーチへの登録はこちらから

ビズリーチはハイクラス向けに特化した会員制転職サイトです。会員制なので他のサイトではお目にかかれないような求人案件に出会える可能性もあります。

転職サイトなので企業や転職エージェントも登録しており、転職エージェントからのスカウトメールもありますが、企業から直接スカウトメールが届いたりもします。

基本的に無料で使えるサービスではありますが、一部有料のサービスがあります。有料会員になればより充実したサービスを受けることができるようです。

人によってはこれがデメリットと感じるかもしれませんが、逆を言えば企業側からは「お金を払ってでも転職をしようと考えているガチの人が多い」という見方もされているので、より真剣なオファーが届く期待が持てるとも言えます。

この点を考えれば、お金を払ってでも転職したいと真剣にお考えの方は有料会員での登録を検討してみてはいかがでしょうか?

また無料会員でも使える機能は十分にありますので、転職しようか迷っている方や、自分の市場価値を知りたいと思っている人もビズリーチに登録してみるといいかと思います。

ビズリーチへの登録はこちらから