契約社員

30代が契約社員で転職する場合に考えられるリスクについて

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は契約社員へ転職する際のリスクについてまとめてみました。

契約社員 メリット デメリット
30代が契約社員に転職する場合のメリットとデメリットとは 仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は契約社員に転職する際の...

以前に上記の記事にてメリット・デメリットについてお話しました。契約社員の転職は一見デメリットばかり気にしがちですが、人によってはメリットもあることは上記の記事を見ればご理解頂けるかと思います。

しかし、基本的に厳しい道になると思っておいた方がいいです。安易な気持ちで契約社員に転職すると抜け出せなくなり、残りの人生をずっと苦労し続けることになるほどのリスクがともなうからです。

もしあなたがすでに契約社員として働いている、もしくは契約社員への転職を検討しているならばどのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

契約社員のリスク

契約社員にはリスクがあります。このリスクをちゃんと理解しておかないと、契約社員として働いた場合に後悔してしまうことになるでしょう。なのでしっかりと理解してください。

長年働いてもスキルは身につかない

契約社員は長年働いたとしてもスキルはほぼ身につきません。仕事内容が簡単なものに限られているので専門的になってしまい幅が広がらないからです。

契約社員は簡単な仕事をすることが多く仕事内容も毎日同じです。ほぼ単純作業を延々と繰り返すことしかさせてもらえないので、スキルが身に付くことはありません。

正社員のように研修制度はありませんし、生産の管理や設備の修理などの重要な仕事を任されることはありません。そんな仕事がしたい場合は正社員になるしかないのです。

もしあなたがスキルアップを目的に転職を考えているのであれば、契約社員を選んではいけません。それほど契約社員というのは幅が狭い働き方なのです。

高齢になれば転職が難しくなる

契約社員のまま歳をとると転職が難しくなります。高齢になればなるほどそうなります。雇う側から見れば雇おうと思えないからです。

基本的に高齢の転職者を雇う場合、会社側は業務において高いスキルとマネジメント能力を求めます。しかも30代後半からこの傾向が一気に強くなります。

どれだけ長く働いていても、同じ作業ばかりの契約社員は何も得るものがありません。上記にあるとおりスキルが身に付くこともないし、契約社員でいる以上マネジメントを経験することもありません。

求められるスキルや経験を持っていない転職者を雇おうとする企業はまずありません。よほど特別な理由がない限りは即不採用とするでしょう。

ライフイベントに支障が出る

契約社員を続けることで、これから先起こるであろうライフイベントに支障が出る可能性が高くなります。しかも年々深刻になっていきます。なぜなら契約社員は雇用が不安定で収入も低いからです。

以下に考えられるライフイベントに対してどのような支障が出るかをまとめてみました。

結婚 職業や収入がネックとなり、結婚相手として敬遠されてしまう。
出産 養育に必要な収入がないため、子供をあきらめる。
子供の教育 塾や予備校に入れない、大学進学を断念する。奨学金を借りた場合、返済が負担となる。
住宅購入 住宅ローンの審査が厳しい、ローンが払えなくなる可能性もある。
両親の介護 充分な介護サービスは受けられないため、在宅介護をせざるを得なくなり、介護離職の原因にもなる。

契約社員を長年続けることで出てくる問題はすべて経済的な問題です。歳をとればとるほど問題は深刻になり、それに伴いさまざまな支障が出てきます。

具体的にどれくらいの金額が必要かは「主なライフイベントにかかる費用の目安(引用:日本FP協会)」が参考になります。契約社員の賃金だけではとてもまかなえる額ではありません。

30代からは上記のような問題が必ず何かしら出てきます。契約社員のまま働き続け危機感を持たぬまま歳をとると、急に問題に直面することになります。そうなった後で正社員に転職を考えても、もうすでに手遅れになっているのです。

契約社員を選んでしまう理由

お前だ

契約社員の転職を選んだ人にはそれ相応の理由があります。まずは考えられる理由をいくつかピックアップしてみたので見てみましょう。

もちろん人によってはここでお話する理由以外のものもあると思います。ここではよくある理由をあげてみました。

契約社員で妥協してしまう

妥協して契約社員の道を選ぶ人がいます。なぜなら正社員よりも契約社員の方が採用されやすいからです。

転職活動をしていてすべての人が思いどおりうまくいくわけではありません。必死に数をこなしても内定をもらえず苦戦する人はたくさんいます。

苦戦していればだんだんとネガティブな感情が出てきます。「スキルが足りてないのか」「年齢が高いからか」「希望が叶えられる求人を見つけられない」などの考えが浮かんできてしまいます。最終的には「必要とされていないのか」と疑心暗鬼になるでしょう。

そうなってしまうと焦りが出ます。在職中の転職であれば残留という選択肢もありますが、そもそも転職を決意した時点で残留を考えられる人は少ないです。

だからこそ「それでも転職したいからなんとかせねば」と思い焦ってしまいます。先に退職してしまった人であればなおさらですね。

その焦りや不安な気持ちからはやく解放されたいとより強く思う人が契約社員で妥協してしまう場合もあるのです。

なにがなんでも大手企業で働きたい

なにがなんでも大手企業で働きたいと思っている人のなかには、契約社員としての転職を選ぶ人もいらっしゃいます。

「大手企業に入社できれば将来安泰だ」という思考をお持ちの方が、転職先を探している中で大手企業の募集を見れば、一度は働いてみたいと思うことでしょう。

大手企業の中にはコストダウンや繁忙期の人手不足を補うため、積極的に契約社員を募集しているところもあります。大手企業にありがちな募集要項をいくつかあげてみました。

大手企業にありがちな募集要項
  • 他の企業に比べ、賃金がずば抜けて高い
  • 食事補助・皆勤手当・交通費支給など手当が充実
  • 正社員になれるかもしれないという期待を持たせる

このような募集要項を見た際に「現状よりも待遇がいいし大手企業で働けるチャンスがある」と魅力的に感じた人が契約社員として転職する傾向が強いです。

自分の将来のことよりも大手企業で働きたいという考えを優先し、契約社員の道を選んでしまうのです。

正社員になるのがいやで契約社員を選ぶ

正社員になるのが嫌で契約社員を選ぶ人もいます。契約社員は負担の軽い仕事を任されるからです。

「仕事の責任を負いたくない」「残業の多いハードな仕事はやりたくない」「気楽な仕事がしたい」と考える人ほど契約社員を選びがちです。

正社員はたとえ若手であっても、契約社員よりも責任は大きくなります。重要な業務は正社員がおこない、それにともなう単純な作業は契約社員がおこなうことがほとんどです。

中にはその仕事を極め、正社員以上の能力を発揮する方もいます。そんな方は会社側から正社員にならないかと誘われたりします。会社は有能な人材こそ正社員として雇いたいと考えているからです。

しかし正社員になるかどうかは本人次第です。正社員にはどうあがいても責任が問われます。しかし契約社員は怒られることはあっても責任を負うことはほぼありません。その契約社員を動かしている正社員が責任を取ることになります。

このような責任を負って苦労したくないという理由で正社員になるのをさけ、自ら進んで契約社員になる人もいるのです。

契約社員を続けてしまう理由

仕事

契約社員として働き続ける人が、なぜ契約社員として働き続けるのか・・・その理由もまとめておきましょう。上記のリスクを理解すると違った形で見えるかもしれません。

リスクを知ることも大切ですが、なぜ長く続けようと思うのかも書いておきます。ひとことで言えば「仕事への意欲が無い」でまとめられるのですが、いくつか細分化しておきました。

自分自身が現在どのような状態かを把握したうえで、上記のリスクとどう向き合えるのかを考えてみてください。

働きやすい職場で居心地が良い

働きやすい職場にいる人は居心地が良いと感じますよね。居心地が良ければわざわざ転職しようとは思わないでしょう。ずっと働きたいと思いますよね。

しかし、常に職場の労働環境が良いとは限りません。代替わりや人事変動によって職場の環境は変わりますし、自分自身のトラブルにより自分の立場も変わるかもしれません。

そうなってから転職したとしても、転職先の労働環境が必ず良いとは限りません。転職先がひどい会社で後悔したとしてもあとの祭りです。結果的には悪い同労環境に居続けるしかなくなります。

そこから転職しようとしてもうまくいく保障はありません。それどころか職歴を見るだけで「魅力なし」と思われ採用されないことが続く可能性のほうが高くなります。

今ある環境が未来永劫ずっとあるとは限りません。この事実を理解しておかなければ、今の居心地の良さにあぐらをかいてしまうことになります。

仕事に対して意欲がなくなる

契約社員で働き続けると仕事に対して意欲がなくなっていきます。契約社員は短期間の雇用のため誰でもできる仕事をすることになるので、マンネリ化してしまいがちです。

簡単な作業が多いからといって楽な仕事ばかりとは限りません。事故にあったり大けがを負ってしまうような危険な現場もあります。その反面、退屈で仕方がないほど楽な現場もあります。

しかしどちらにしても、単純な作業を延々と繰り返していればいずれ慣れてしまいます。そうすると、責任の大きい仕事や重労働をすることがめんどくさくなってくるのです。

その結果、契約社員として働いている現状が楽で仕方なくなるので満足します。仕事に対して意欲を持てなくなり、新しい仕事をしたいとも思わなくなり、転職する気力もなくなってしまうのでそのまま契約社員を続けてしまうのです。

契約社員でも生活できる

契約社員の給料でも十分生活ができると感じている人は契約社員のままでも不安に感じることはありません。そのような方は契約社員のまま働き続ける傾向にあるでしょう。

たとえば手取り毎月15〜20万ほどもらえるとしますと、実家ぐらしならば家賃も不要ですし、高価な車を買ったり毎日外食などぜいたくをしなければ生活していけます。

「自分の生活を向上させたい」「いろいろなことを経験していきたい」など思っていれば、いずれ現状に不満をもつかもしれません。しかしこの金額でずっと生活できて欲求が満たされているのであれば、まず不満に思うことはないでしょう。

給与明細

↑契約社員の給与明細

ですが、両親が定年退職して年金暮らしになれば家族の収入が減るのでジリ貧になります。しかし契約社員は昇給することはほぼありませんので、わずか月15〜20万の給料で家賃・光熱費・食費・税金・両親の介護費用などを全て負担しなくてはなりません。

この場合家を出ていくという選択肢もあるかもしれませんが、それにしたって住む場所を確保しなけばなりませんし、一人分と言えど今まで払ってこなかったお金を払うことになります。

どちらにしても生活するうえで費用は必ず発生します。そして年齢を重ねるほどに必要な費用は大きくなっていきます。今はよくても将来まともに生活できる保障は無いのです。

さいごに~とある40代の契約社員が話した後悔~

熱意無し

これはとある40代の契約社員が話してくれた、後悔の念です。契約社員として働くことのリアルがわかります。

20代の頃、特にやりたいこともなく、大手企業の契約社員として働いていました。

仕事自体は単純作業で退屈でしたが、職場の環境は良く、ずるずると契約社員を続けてしまいました。このままではまずいと30代になる頃、転職活動を始めました。

ちょうど不景気で雇用が厳しい中、1年以上も転職活動を続けましたが、単純作業しかできず、何のスキルもない私を正社員として雇ってくれる企業はありませんでした。

その後は、契約社員や派遣社員などで働き、何とか生活してきましたが、人員削減や不景気のため、何度も職を失いました。

20代を契約社員として働き、無駄に過ごしてしまったことを40代の今でも後悔しています。

もちろんすべての方がこのような道をたどるわけではありません。正社員に登用される人もいれば、副収入で生活できる人もいます。転職に成功することも有り得ます。

ここで一番大切なのは「あぐらをかかないこと」です。今ある環境がずっとあり続けるなんてことは有り得ません。ちょっとしたことで簡単に変わる可能性があるのです。

それをしっかり理解した上で、5年後・10年後の未来を定期的に考えてみてください。今居心地の良さを感じているのであれば「もしも環境が変わったら」という想定をしておくべきでしょう。

特に契約社員や派遣社員などの非正規雇用は不安定です。もちろん「必ず正社員にならないといけない」わけではありません。

しかし、未来の自分が不幸にならないためにも先々を見据えて今のうちに生きていくための力を養いましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証