契約社員

30代が契約社員に転職する場合のメリットとデメリットとは

契約社員 メリット デメリット

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は契約社員に転職する際のメリットとデメリットをお伝えします。

求人情報を調べていると、いろいろな雇用形態がありますよね。その中で契約社員の求人を目にする機会も多いのではないでしょうか。

そもそも契約社員とはどのようなものなのかよくわからない方も多いと思います。よくわからないまま契約社員に転職してしまうと、あとになって後悔してしまうことになりかねません。

そこで今回は契約社員のことをわかりやすくご説明しようと思います。契約社員の転職もありかなと思っている方は、最後までご覧頂ければ幸いです。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

契約社員とは?

契約社員契約社員とは雇用期間に定めのある社員のことです。企業と雇用契約を結び、社員として働くことから契約社員と呼ばれます。

企業から提示された賃金・業務内容・勤務地などの条件で、半年や1年などの定められた期間で働き、雇用契約の期限がきたら、契約更新もしくは契約終了となります。

契約が終了となった場合は、その企業を去らねばなりません。雇用契約を結んでいる間だけ、その企業の社員として働けるのです。

契約社員のメリット

メリットまずは、契約社員のメリットについてご紹介していきます。

  • 採用時の難易度が低い
  • 仕事内容が明確
  • 将来の予定を実現しやすい

採用時の難易度が低い

契約社員の採用時の難易度は低いです。企業は、契約社員になりたい方が希望する労働条件で働ける人材であるかどうかということを重視するからです。

以前やり取りのあった工場では、年齢:10代~50代の男女、学歴は中卒~大卒まで、前職は学生・農業・職人・会社員などさまざまな経歴の契約社員の方が働いていました。

年齢や学歴にハンデがあり転職が不安な方、前職に関係ない未経験に仕事に挑戦したい方でも、労働条件さえ合えば、採用されるのはそれほど難しくはありません。

仕事内容が明確

契約社員は、仕事の内容が契約時に決められています。ですので自分に合った仕事なのかどうかが事前に判断できます。

自動車会社を例にあげてみますと、組み立て・検査・運搬・事務などいろいろな業務があり、その中で自分が出来る仕事、やりたい仕事を選ぶことができます。

仕事内容が明確ならば、いざ入社してから、自分には無理のある仕事だった、自分のやりたい仕事ではなかったなどという事態になるのを防げます。

将来の予定を実現しやすい

契約社員は将来の予定を実現しやすい働き方です。雇用期間が定められていますので、今後の予定に合わせて仕事を選ぶことができるからです。

例えば、次のような場合です。

  • 2年後に海外留学する予定なので、費用を稼ぎたい。
  • 来年結婚して隣の県へ引っ越すので、それまでは働きたい。
  • あと半年で契約期間が終了するので、そろそろ転職活動をはじめよう

雇用期間が決まっていることで、次のステップへの準備がしやすくなるということです。

契約社員のデメリット

デメリット次に、契約社員のデメリットについてご紹介します。

  • 雇用期間が定められており不安定
  • 賃金が低い
  • スキルを身につけることが難しい
  • 社会的信用が低い

雇用期間が定められおり不安定

契約社員は雇用期間が定められているため、雇用は不安定になります。雇用期間は最大でも3年間です。また契約が更新されなければ雇止めとなります。

契約更新は半年ごと、1年ごとなどさまざまです。中には、繁忙期の数ヶ月だけ契約するといったケースもあります。

こちらがいくら更新を希望しても、企業が必要としなければ契約終了となり、雇止めとなってしまいます。契約が更新されるかどうかは企業の都合次第です。

契約社員はずっと同じ企業で働けるという保証はないのです。

もし契約終了となった場合を想定し、生活費を確保しておく、安易にローンを組まない、転職の準備をしておくなどの備えをしておくようにしましょう。

賃金が低い

契約社員の賃金は正社員に比べ低いです。企業が契約社員を雇用する最大の理由は経費の削減だからです。

そのため基本給は低く、退職金はなし、昇給もなし、ボーナスはあったとしても少額です。福利厚生費も正社員とは差がつけられています。同一労働同一賃金が施工されましたが、現時点ではいまだ効果を実感した人は少ないようです。

同一労働同一賃金の現状はどうなっているのか?【変化なし】仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は同一労働同一賃金の現状についてお話...

以前知り合いが契約社員として働いていたのですが、基本給は時給制でした。それゆえ、大型連休などがあると大幅に収入が減ってしまうそうです。

ボーナスはもらえたそうですが金額は15万円ほどでした。交通費や食事補助金もありましたが、正社員と比べるとかなり少なかったそうです。

このように、契約社員の賃金はいろいろなものが削減され、正社員に比べ低く抑えられている場合がほとんどです。

スキルを身につけることが難しい

契約社員はスキルを身につけることが難しいです。契約時に業務内容は決められていますので、決められた業務内容以外を行うことはほぼありません。責任重大な仕事や専門技術の必要な仕事は正社員がおこないます。

たとえば、工場ならば機械のボタン操作は教えてもらえますが、機械の調整や部品交換などのメンテナンスは正社員が行うのが普通です。契約社員は手を出すことはできませんので、スキルは身につきません。

契約社員は業務内容が制限されています。それゆえ仕事をしながら専門的なスキルを身につけることが難しいのです。

社会的信用が低い

契約社員は社会的信用が低く見られます。雇用期間が限定されているため、収入が不安定で賃金も低いからです。

クレジットカードを作る際の審査に落ちたり、車のローンが組めないこともあります。高額のローンが必要な住宅の購入は難しいでしょう。

また、恋人との交際、婚活、結婚においても相手の職業や収入は重要視されます。契約社員は収入が低く雇用も不安定なため、交際や結婚の相手として敬遠されてしまうケースも多いのです。

雇用や収入に不安のある契約社員は、残念ながら社会的信用が低く見られてしまうのです。

契約社員に向いている方

ハテナでは、どのような方が契約社員に向いているのかをご紹介します。

  • 転職が難しい年齢の方
  • 無職期間が長くなりそうな方
  • 勤務時間や勤務地に制約のある方

転職が難しい年齢の方

転職が難しい年齢の方は契約社員であれば転職がしやすいです。企業は希望する労働条件で働いてもらえる人材を求めていますので、年齢はあまり重視されないことが多いのです。

50代以上の方であっても契約社員として新規採用され、活躍している職場もたくさんあります。

30代であれば、職歴が多く短期離職を繰り返してしまった人が転職活動に苦戦している場合は選択肢のひとつとして考えるのはありなのかもしれません。

年齢的に転職は無理だとあきらめずに、契約社員という選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

無職期間が長くなりそうな方

無職の方はいったん契約社員になるという選択もあります。無職期間が長引けば長引くほど転職には不利になるからです。

無職の期間が数ヶ月くらいであれば、転職活動をしていたなどの理由で説明がつきます。しかしこれが半年以上ともなると、その間いったい何をしていたのかと面接で必ず質問されます。

特別な理由がない限り、面接官から「何かあるな」と勘繰られてしまい、不採用になる可能性が高くなってしまいます。

転職に時間がかかりそうな場合は、契約社員として働きながら転職活動をするという選択もいいのかもしれません。

一旦契約社員として働く人こそ、契約社員の後にどんな仕事をするかなどのビジョンを明確にしておきましょう。

契約社員としておこなう仕事が自分の将来にとって何のためにもならないからです。関連していればためになるかもしれませんが、関連しない場合は「時間のムダ」と感じるかもしれません。

そうならないために、将来のビジョンを見据えてください。

勤務時間や勤務地に制約がある方

働ける時間や勤務地が限られている方は契約社員に向いていると言えます。契約社員ならば、勤務時間や勤務地は契約時に明確に決められているからです。

  • 子供を朝と夕方に保育園まで送迎する必要があり、勤務できる時間が限られる
  • 家族の介護のため、福祉サービスが利用ができない夜間は勤務ができない
  • 家事や育児などで忙しく、自宅から通勤に時間のかかる職場は厳しい

このように勤務条件に制約がある方でも、契約社員ならば自分の都合に合わせた仕事を選ぶことができるのです。

契約社員から正社員になりたい方は

履歴書契約社員から正社員になりたい方は最初から正社員を目指しましょう。

「正社員登用制度あり」としている企業もありますが、法律で定められているわけではなくなんの確約もありません。ほとんどの方が長年働いても契約社員のままです。

いずれは正社員という考えが少しでもあるならば、すぐにでも正社員を目指すほうが確実です。なのでつべこべ言わず最初から正社員を目指しましょう。

まとめ

今回は契約社員に転職する際のメリットとデメリットをお話しました。いかがだったでしょうか?

さいごに言いますが、契約社員への転職を決める際には注意が必要です。契約社員への転職にはメリット以上に多くのデメリットがあるからです。

目的もなく契約社員として働き続け、キャリア・スキルを積めないまま年齢だけを重ねてしまうと、正社員に転職することが難しくなってしまうという恐れがあります。

正社員になりたいと考えているのであれば、年齢が若ければ若いほど転職には有利で選択肢も多くなります。30代は社会においてまだ若い世代なので、チャンスはたくさんあります。

転職を思い立った時にはもう遅かったという事態にならないよう、契約社員という働き方が今の自分に合っているのかどうかをよく考えた上で選択しましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証