転職

30代転職者に企業が求めるものとは?印象が変わるアピール

企業が求めるもの

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は「30代の転職者に企業が何を求めているか」をお伝えしたいと思います。

企業は人を採用する時、必ず判断することがあります。それが「自社の利益になるかどうか」です。

利益になるかどうかは、これから話をする3つの項目でおおよそ分類されます。いったいどのような部分を見られるのでしょうか。確認していきましょう。

なお、この記事には動画版もご用意してあります。動画の方がわかりやすいと思われる方はぜひこちらの動画をご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

30代の転職に企業が求めるもの

利益

30代の転職は20代の頃と違ってより現実味を持って選ばれます。先ほどお話したとおり、「自社の利益になるかどうか」を判断しなければならないからです。

そのため、企業側が転職希望者に求めてくるものは20代と30代で大きく異なります。今回は30代の場合に重点を置いて確認していきましょう。

30代転職者に企業が求めるものとは、

  • 即戦力になるかどうか
  • コミュニケーション能力
  • 管理職経験

即戦力になるかどうか

凄腕集団ビジネスマン

30代の転職者に企業が求めるのは「即戦力」です。20代は伸びしろがあるとみられますが、30代になると一定の経験がある前提で使えるかどうかを判断されます。

30代は社会人経験が10年以上となる人がほとんどでしょう。そのため、今までの経験から会社にどれだけ貢献できるかを採用者は見定めます。

例えば、営業であればどの業種でも通用するので優遇されやすいですし、経理や人事などの経験があればマネジメント能力を期待されます。

逆に採用したくないと思うのは、転職の回数が多い人や、働いていない期間がある人です。

こういった人は、失礼ではありますが、採用した場合にすぐ嫌になって転職するんじゃないか、仕事を覚えず使い物にならないんじゃないかという心配をしてしまうのです。

そうなると大事なのは、自分自身が今まで何をしていたかが重要になります。相手にどれだけ「自分が利益をもたらす人間か」をアピールする必要があるのです。

コミュニケーション能力

ビジネス コミュニケーション

企業はコミュニケーション能力があるかどうかを求めてきます。どの仕事でも人間関係は無視できない重要な要素です。

以前、産業機械を取り扱う仕事をしていた時に、採用したのに周りに悪態をついて誰からも相手にされず最終的に辞めていく人間がいました。

その方が採用された理由は、資格を持っており経験が豊富だった為です。しかし、転職回数が多く、早ければ3年ほどで転職を繰り返していました。

後からわかったのですが、その人はどの会社でも人間関係で揉めてきていたんです。

それから、何か問題があればすぐその人を部署異動させ、揉める度に周囲から厄介者として扱われていました。

会社の人事は「失敗した」と言っており、何かあればどうにかできないかと模索していた程です。

その後、会社は正社員の採用に対し慎重になり、面接の際には必ず重役が一人参加する体制に変わりました。

企業において人間関係は重要になります。人間関係が上手くない人は経歴が優秀でも警戒されます。事前にそれがわかれば採用されにくくなります。

逆に、社内の環境や取引先などの人間関係を大切にできる人ほど、経験が少なくても採用される可能性は十分にあると言えるでしょう。

管理職経験

管理職

企業は30代の転職者に、チームリーダーや上司になった経験があるかどうかを求めてきます。

30代から上司になっている人は能力があると思われやすいので、採用されやすいし昇進も新卒に比べ比較的早く出世できる可能性が高いです。

以前いた会社では、リーダーや上司になった経験を持っている人で、入社してわずか4年で課長に抜擢された人がいました。

平社員、主任、係長、課長という順番で、一年に1階級ずつです。

もちろん、個人の能力もありますが、経験していることが強みとなって仕事に活かされていました。それが評価に繋がっていると思います。

そのような経験があると、採用と昇進がダブルで手に入る可能性が高まるのです。

どのようにアピールすればよいか

ポップ

3つの項目が、いかに求められているかはおわかりいただけたでしょうか。

では、具体的にどのようなことをしてアピールすればいいのか、僕なりにまとめてみましたので、確認していきましょう。

経験した仕事内容

仕事

即戦力になるかどうかを見定める上で見られるのは、社会人経験です。30代なら10年以上社会人をやっています。その経験自体がやはり重要になってきます。

特に効果的だと思うのは、「今までで一番しんどかったけどやり切った仕事は何か」ということでしょう。これがうまく伝わればかなり効果があると思っています。

採用側にとってこの情報は、「どんな仕事までこなせるか」を判断する指標になります。経験した仕事が大きければ大きいほど効果的です。

仮に小さい経験だとしても、数が多ければフットワークの軽さをアピールすることもできる可能性は高いです。ものは言いようです。その経験を大切にしていきましょう。

コミュニケーションの規模・やり方

ビジネス集団

コミュニケーション能力や管理職経験で問われるのは、「人間関係をうまく構築できるかどうか」です。

しかし、コミュニケーション能力を伝えるのはけっこう難しいです。なので、まずは具体的な数字を言うようにしましょう。

  • 「チームリーダーとして〇人を率いた」
  • 「〇人いる~部の課長をしていた」
  • 「営業として〇〇社担当した」

上記のようなイメージです。その後に、具体的な行動内容や印象深い出来事を話すのがよいでしょう。

もし失敗した経験があるのなら、ストレートに「失敗しました」とは言わず、教訓としてどんなことを学んだかを伝えるようにした方がいいですね。

企画部の課長として10人を率いていました。(具体例)

企画が決まり準備段階に入った際、意見を聞くこと、それをまとめることがいかに難しいかを知りました。(失敗部分)

なので、御社で働くことになれば、一緒に働くみなさんの話をよく聞いて、より最善案が出せるようまとめる自信があります。(教訓部分)

イメージとしてはこのような感じです。このように言えば、失敗部分が目立つことなく、仕事に意欲があるアピールができますね。

間違っても、「言う事は何でも聞きます」「社内行事は積極的に参加します」とか言わないでくださいね。

これもコミュニケーションではありますが、単なるイエスマン・イベント好きはこれからの世の中では求められません。

「考えないタイプの人間」と判断され採用される可能性がかなり落ちてしまいます。

ありのままを話す

真実の口

そして、一番重要なのは、ありのままを話すということです。今までお話したのはいわゆる「伝え方」です。なので、伝える内容が嘘になれば、それは騙しになってしまいます。

採用側が知りたいのは、あなたの人間性です。なので、特別なことは言わなくてかまいません。

ありのまま、今まで何をしてきたか、どうして転職したいのか、自分の思いや経験を伝えるだけでいいのです。

そうすれば、仮に面接でひねった質問をされたとしても、自分がどう思うか伝えるだけでいいので冷静に対処できます。

慌てたり、固まったりする必要はありません。少し時間をもらって、考えて答えるようにしましょう。

ちなみに、嘘の内容で仮に採用されたとしても、その嘘はすぐバレます。なので、やろうとも思っていないことで嘘をつくのは絶対にやめましょう。

もし嘘をつくのなら「転職後に必ずやること」にしてください。面接の段階ではできないことでも、転職後にできる可能性はおおいにあります。

多少リスクのある方法ではありますが、覚悟が違ってくるので、どうしても転職したい会社の面接などでは、あえてこの方法をとるのもありかもしれません。

「嘘から出た誠」ともいいますので、チャレンジする価値はあると思います。

まとめ

今回は「30代の転職者に企業が何を求めているか」をお伝えしました。いかがだったでしょうか?

今回の話を簡単にまとめると、以下の通りになります。

企業が求めているのは「利益をもたらしてくれる人間」

そのために以下の3つがポイントになる

  • 即戦力になるかどうか
  • コミュニケーション能力
  • 管理職の経験

具体的なアピール方法としては

  • 今までの経験、特に「一番しんどかったけどやり切った仕事」を伝える
  • 具体的な数字を出してどのようなコミュニティを経験したか伝える
  • 失敗例は言い回しを工夫しプラスの内容にして伝える
  • 自分の経験や思いはありのまま伝える
  • 嘘をつくなら、転職後必ずやることを言う

の5つが有効になる

最近では人手不足黒字リストラにより企業が求める条件はより厳しいものになってくることが予想されます。

それこそ、30代のうちに転職をする必要性も高まってくると僕は予想しています。

黒字リストラは45歳以上で会社にとって利益にならない人がふるいにかけられます。が、これは何も45歳以上だけの話ではありません。

会社によっては若手であってもふるいにかけられることでしょう。なので、20代、30代でも完全に安心はできません。

もし、現在仕事をしていて気持ちが前向きにならず、毎日ストレスを感じながら生きているのなら、いっそ一度転職を検討してみてはいかがでしょうか?

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証