自己啓発

レベルアップしていく為に人間関係を断捨離した方がいい理由

人間関係 断捨離

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は、人間関係を断捨離した方がいい理由をお伝えします。

僕は35年間、常に人間関係に悩まされてきました。常に自分自身に劣等感を感じていたんです。

時にはまわりに悪意をまき散らし、怒られたり、馬鹿にされたりもしました。態度の悪さで信用も無くしました。

そんな僕ですが、自分自身で「変わりたい」と心の底から思うようになり、新しい事を色々やるようになりました。それに伴い、関わる人間関係が変わり始めました。

それは、自分自身で今後付き合うべき人を断捨離したことにあります。自分にとって良い影響のある人とは仲良くし、悪い影響を与える人とは関わらないようにし始めました。

今回は、なぜ人間関係を断捨離したのかをお話させていただきます。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。

引用:Wikipedia

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

類は友を呼ぶ

ことわざで「類は友を呼ぶ」という言葉があります。意味は下記の通りです。

類は友を呼ぶ

【読み】 るいはともをよぶ
【意味】 類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。

引用:故事ことわざ辞典

この言葉どおり、趣味やライフスタイル、好きなことや仕事などによって、自然と似た者同士が集まるようになっています。

なぜなら、誰だって興味のない人とは仲良くしようとしません。何かしら自分と繋がる部分があるから繋がります。

自分の状態によってまわりに集まってくる人が変わってくるということが言えます。

僕の場合は「自分自身を変えたい」「ダメな自分から脱却したい」と思い、今までやったことが無いことをやりはじめると、その先で関連する人と会うことができました。

例えば、鴨頭嘉人さんのセミナーに初めて参加した際に、たくさんの方と知り合いました。性別や年齢、立場を問わず皆さん「学ぶんだ」という意識が高くて圧倒されました。

それまでの僕では会う可能性すら無いと思えるほどでした。それまでの僕は勉強が苦手で「講演家などは胡散臭い」と思って避けていたからです。

また、「自分の考えを人前で主張する」訓練をしたいと思い配信系アプリを始めてみました。

普通にサラリーマンをしていたら知り合う事はまず無かったであろう20代前半の若いうちに経営者になった人と知り合えました。

この人たちの影響は大きく、僕は気に食わない仕事を続けるより、自分がやりたいことを一生懸命やった方が人生は楽しく豊かに過ごせる可能性があると考えるようになりました。

さらに、ブログを始めたら、すでにブログで収益を上げている人とも知り合いました。その方にライティングやブログの話を聞くことができ、行動することができました。

このように、自分を変えたいと思い新しいことを始めると、それに関連する人と出会えるようになります。

時には意外な所で知り合う事もあったので、これがいわゆる「引き寄せ」なのだと思います。

ちなみにそれまでの僕は基本的にインドアで、女性との出会いもなく、何も考えていなかったので前の会社に定年まで働くんだと漠然と思っていました。

世の中にはいろんな人がいます。その中でも仲の良い人、悪い人が出てきます。

以前の自分が仲良くしていた人たちの中で、特に仕事関係では「文句を言っている人」が多かったです。それは自分も仕事で文句を言っていたからです。

会社、仕事内容、客先と、仕事に関してのありとあらゆることに不満があり、文句を言っていたので、それに共感する人間が集まったということです。

自分の状況や考え方で、まわりに集まる人間は変わります。意欲があれば意欲的な人と出会えますし、文句を言えば文句を言う人としか知り合えません。

どんなに否定しても、自分と同じような人を引き寄せるのです。

悪影響のある人ほど居心地が良い

自分の状況や考え方で、まわりに集まる人間は変わりますが、ここで一つ要注意なことがあります。悪影響のある人ほど居心地が良いということです。

僕がサラリーマンをしている時、特に仲が良いのは文句を言っている人間でした。

文句を言っている人間同士て集まった時は、全員でうっぷんを晴らす為に仕事の愚痴や文句を言い合うのです。

要は傷の舐め合いです。そして、文句を言う人間にとってこの傷の舐め合いはとても居心地がいいのです。

人間は気を抜くと、弱くなる生き物です。同情されたり、慰められると嬉しくなります。

「ああ、この人は俺の事わかってくれてるんだな」って思うようになると、その人と一緒にいることに安心したり、居心地の良さを感じます。そして仲間意識が芽生えるのです。

その結果、愚痴や文句を言い合ってお互いに傷の舐め合いをしてしまう為、向上していかないのです。自分は常にこの状態でした。

また、お金の使い方が少々荒い方と遊ぶことにより金銭感覚が狂いました。その方の金銭感覚が移ってしまい、お金を散財する癖がついたのです。

飲みに行くと大半は出してくれましたが全額では無く、割り勘と言って自分も支払うことになっていました。

さらに海外旅行も3回経験し「30万くらい使うのは普通だな」と思うようになりました。贅沢極まりないとはまさにこのことです。

それでも自分はこの方から抜け出せず一緒に行動していました。何度か訴えたりもしたのですが、この方が変わることはありませんでした。

それにつられていたので自分も変わることはありませんでした。これに関しては楽しんでいた以上僕の自業自得です。

そのうち、「自分自身”本気で変わらないと将来マズいことになる」と思い、変わる為に新しい行動を取るうちに、僕の人間関係は少しずつ変化し始めました。

一緒になって愚痴り合っていた同僚は、僕が「今のままでは将来が見えないから変わらないといけない」と主張すると、僕を少しずつ避けるようになりました。

遊んでいた方は僕が「騙されている」と決めつけ、僕を以前の状態に引き戻そうとしてきました。宗教・無理・騙されている・つまらないやつという言葉をもらいました。

僕は本気で変わりたかったので「絶対に元には戻らない」と決意を固めて自分の為になる行動を続けることができました。

そうすると、自分自身で「無理に付き合わなくてもいい」と思うようになり、以前仲良くしていた人たちと接する機会を極端に減らすことが出来るようになりました。

ここで僕は人間関係を見直し、少しずつ断捨離をし始めたのです。

人間関係の断捨離に関して、笑ってトラベルのなかじさんもお話していますので、下記の動画もぜひご覧ください。

人によって常識が全く違う

本気で変わろうと思い行動している中で、今まで知り合うことが無かった人達と出会うことにより、新しいコミュニティに参加するようになりました。

そこでわかったことがあります。それは、人によって考え方が全く違うのです

僕は社会人になって15年程経ちますが、今までの僕の常識は、以下のようなものでした。

以前までの僕が思っていた常識
  • 会社の為に定年まで働くのが当たり前。
  • 副業は禁止。危険だし手は出さない方がいい。
  • 仕事が遅れていたら残業はサービスでもやるのが当たり前。
  • 休日は会社の都合を考えて取るのが当たり前。
  • 上層部の言う事は絶対聞かなければならない。

この考え方は僕がサラリーマンでいる時に、当たり前のようにみんなが「常識だ」と口にしていたことです。会社だけでなく、親や教師なども例外ではありません。

しかし、僕が新しく出会った人達の常識は、僕の思っていた常識とはまるで正反対の考え方でした。

今僕が感じている新しい常識
  • 自分の為に楽しんで働くのが当たり前。
  • 色々な仕事を同時にやるべき。(パラレルワーク)
  • 自分の好きな時に好きなだけ働く。
  • 休日は自分の都合を考えて取れ。
  • 自分で決め、自己責任でやる。

このように、人によっては考え方が根本から変化しています。

これは時代が変化したのもありますが、今までの常識が苦痛だと感じる人が多かったということの証明になっていると僕は感じています。

特に仕事は、自分で決めてやるか、誰かに言われて仕方なくやるかでは作業効率もやる気も全然変わってきます。今後僕自身がどう考え行動するかで、僕の人生は大きく変わります。

変なことをせずに今の環境でコツコツやれという人もいれば、新しい事に挑戦し、もっと成長していこうという人もいます。

とにかく楽しい事を仕事にしていこうという人もいれは、雇われているんだから言う事を聞けと言ってくる人もいます。

どんな人と関わってどのように考えるかは、結局のところ自分自身の選択です。だから、他人の常識に囚われるとどこに居ても苦しくなります。

常識という言葉ほどあてになるものはありません。

もし誰かに常識を突き付けられたら、それがどうして自分の為になるのかを、自分自身で吟味していく必要があるでしょう。その上で、自分が信じる方向を見つけていくべきです。

もし自分の考え方が今関わっている人達と違ったときは、素直に付き合いをやめることをおすすめします。

まとめ

今回は、人間関係を断捨離した方がいい理由をまとめてみました。いかがだったでしょうか?今回僕がお伝えしたかったのは、以下の内容です。

  • 自分自身の状態によって関わる人間も変化する。
  • 傷の舐め合いは居心地がいいが全く成長しない。
  • 人によって常識が違う。人の常識はあてにならない。

人間は弱い生き物です。流される人も多いことでしょう。それで幸せな人もいるのはたしかです。でも、人間関係で苦しんでいる人には、僕は必ずこういうようにしています。

今関わっている人間関係に囚われる必要は全くない。苦痛になってまで付き合い続ける必要はない。

自分自身にとって、良い影響を与えてくれる人を見つけ、大切にしていけば自分自身もレベルアップしていきます。

多少厳しい事も言われますが、それもあなたの糧になります。思い切っていきましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証