転職

今現在絶対に転職してはいけない人の特徴4選【甘く考えるな】

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。今回は「今現在絶対に転職してはいけない人の特徴」を4つほどお話させて頂きます。

いつも転職に関する情報を発信しているおかげで、定期的に個別相談の依頼を頂いております。いつもありがとうございます。

個別相談はこちらから

僕に相談を依頼していただける人は「お金を払ってでも先に進みたい」と思っているので、話を進めていけばなんで転職したいのかはっきりと見えてきます。

しかしすべての人が、自分が「転職に何を求めているのか」を理解できているわけではありません。それを理解できないまま転職活動をして失敗する人もたくさんいます。

そこで今回はあえて、転職してはいけない人の特徴をお話します。人によってはかなりきつめのお話になりますが、転職を考えている方は一度この記事を最後までご覧ください。

もし自分にあてはまる部分がある方は、一度自己分析を徹底的におこなうことをおすすめします。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

無断遅刻、無断欠勤する人

1つめは、無断遅刻、無断欠勤する人です。これをやっちゃう人は正直どこに行っても同じことを繰り返します。

そして関わる人間に対して気遣いができないと言っても過言ではありません。そのためどの会社に行っても人間関係でトラブルを起こす可能性があります。

この話は遅刻、欠勤することが悪いとはあえて言いません。問題は「無断」だということです。

遅刻しそうなときや欠勤する時は直前であっても連絡しますよね。特にだれかと約束している場合や、納期などが迫っておりやらなければならないことが残っている場合は、事前に言っておかなければ必ずトラブルになります。

にもかかわらず、連絡も無しに無断で遅刻、欠勤するということは、自分の仕事に責任を感じていないどころか、まわりの人間が困ろうが知ったこっちゃないと言っているようなものです。

なので、無断遅刻、無断欠勤する人は転職したくても今の状態で転職してはいけません。トラブルを起こしかねない以上転職しても無意味です。まずはその癖を直してください。

「給料さえもらえればいい」と思っている人

2つめは、給料さえもらえればいいと思っている人です。こんな人は今の状態で転職しようとするとほぼ失敗します。なぜなら、転職したい理由がわからないからです。

給料さえもらえればいいと思っている人は、毎日の仕事を無難にこなし、安定した給料がもらえればそれでいいと思っているでしょう。

今の会社に居続けるのであればぶっちゃけそれでもかまいません。なぜなら、今の環境で無難にこなして給料をもらっているなら、あなたの望みは現状ですでに叶っているからです。

そして転職はその現状を変える行為です。もっと言えば自分の環境をいちど破壊するんです。願望が叶っている状況を壊してまで転職する覚悟はあるのでしょうか?

もし転職したければ、転職する理由、目的、目標を明確にしてください。収入をアップしたいと思うのであれば、たとえば以下の3つくらいはちゃんと考えておきましょう。

  • 自分にどのような仕事ができるのか
  • どのような仕事であれば収入をアップできるか
  • その仕事に転職できる可能性はどれくらいか

転職するならせめてこれくらいのことを考えながらやらないと、転職先選びで失敗し「こんなはずじゃなかった」と後悔すること間違いなしです。ちゃんと自分の将来を考えて選択しましょう。

「仕事だから」と割り切っている人

3つめは、「仕事だから」と割り切っている人です。こんな人はそもそも「仕事」に対しての考え方が固着しているため、どんな会社に行っても同じように失敗します。

くわしくお話すれば「仕事だから辛いのは当たり前」という感覚です。僕自身、数年前までは「仕事はつらくて当たり前」「それを耐えるのが当たり前」だと思っていました。

もちろん仕事には辛く苦しい場面はありますし、避けて通れないことも多々あります。しかしだからと言って、常時こんなふうに割り切っていると「どこに行っても仕事なんだから辛いもんだよ」という意識が前提になってしまいます。

すると、転職先を選ぶ際にどの会社を見ても同じようにか見えません。つまり「転職によって叶えたい理想の状況」を考えないので失敗します。

「こんなはずじゃなかったのに」と思っても遅いです。なぜならあなた自身が「辛いの当たり前」って意識したので、そのとおりになっているのです。

正直日本人にはこのような考え方をしている人は大勢います。「石の上にも三年」理論によって「仕事だから辛いのは当たり前」という意識を徹底的に刷り込まれているからです。

だから「仕事だから」と割り切っている人は、すぐ転職を考えるのではなく転職をすることで、

  • どうなりたいのか?
  • 何を変えたいのか?
  • 後悔しないために何を選ぶのか?

このような疑問を自分に投げかけて、転職に何を求めているかを見つめ直してから転職することを考えてください。

「今すぐ転職を考えた方がいい人の状態」を見て「すぐ」辞めよう思った人

さいごは、「今すぐ転職を考えた方がいい人の状態」を見て“すぐ辞めよう”と思った人です。

今すぐ転職を考えた方がいい人の状態6選【病むとこうなる】おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。 今回は「今すぐ転職を考えた方がいい人の状態」を...

この記事を見て「すぐ辞めよう」と思った人は、転職ではなく仕事を辞めることが目的になっています。

そもそも、「今すぐ転職を考えた方がいい」というテーマではありますが、「今すぐ辞めろ」とは言っていません。まず休んで、その後どうするかを考え、できることから行動しようとお話しています。

あの記事を読んで思い当たる方は、転職どうこうの前に自分の状態を気にして、医者に行くなりすぐ休みを取ったりなどして、自分の将来をより深く考えるはずです。

なので、あの記事を見てから「今すぐ辞めよう」と思う人は、自分に都合のいい部分しか聞き取っていないんですね。それでは仕事を辞めたとしても後が続きません。迷ってしまいます。

迷えば焦ることになり、転職先を選んでいても全てがピンとこないでしょう。こうなると手あたり次第になってくるので、転職が成功する確率はとても低くなってしまいます。

だから「すぐ辞めよう」と思った人は転職のことを考えていません。それでは路頭に迷ってもおかしくないので、まずは自分の心身を整えてから自分のことを見つめ直してください。

さいごに

ということで今回は、今現在転職してはいけない人の特徴というテーマでお話しました。いかがだったでしょうか?

今回お話した内容にはひとつ共通点があります。それは、転職に対して「考えが甘い」ということです。考えが甘い人は今すぐ転職してはいけません。

転職は現状を変える、人生を変えるためにおこなうものだからこそ、考えが甘いと失敗します。それなら、今の環境でやり続けた方がよっぽどマシだと言えるでしょう。

ちなみに僕は、フリーランスでやってみようと思い前の会社を辞めました。しかし稼げなかったので、今の状態では破綻すると思い、サラリーマンに戻りました。

この点は考えが甘かったと言われれば認めざるを得ません。しかし後悔はしていません。どのみち前の環境に居続ければ「封殺される」と思ったからです。

事実、今は転職してサラリーマンをしながらキャリアカウンセラーとしても活動できています。いまだに目標は変わっていませんし、のろくはありますが行動はできています。

転職を考える時にやはり大事なのは「転職してどうなりたいのか」この目標を定めることにあります。ただ抜け出したいではなく、その後どうなりたいかが重要です。

転職して同じ状況になって後悔することが一番まぬけですからね。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証