転職

転職で内定をもらった後にやるべきこととは【オファー面談】

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマ(@mn_k19831231)です。今回は「内定をもらったあとにやるべきこと」についてお話させていただきます。

先日僕のYouTubeにある視聴者の方から質問がありました。それがこちらです。

無事転職できたと思い意気揚々と新しい会社での仕事をスタートをしたのに、蓋を開いてみれば条件が違っていて失敗したという話はけっこう耳にします。

そして、これに対してどう対策をとればいいのか、この情報はあまり出回っておりません。

かくいう僕もつい先日まではわかっておらず「そもそも条件が違うことを前提に転職活動するしかない」と思っていました。

しかしちゃんと対策方法があるんです。今回はそれをお話させて頂きます。

今まさに内定をもらったけどどうしようと悩まれている方、転職活動中の方はぜひ最後までご覧下さい。

今回の動画はこちらから!↓

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

オファー面談をする

内定をもらった後は、オファー面談をしましょう。オファー面談とは、入社する際の条件や業務内容の確認をすることです。

企業が出す求人票の情報は完全にあてにはできません。意図的に違う場合もあれば表現が曖昧で解釈が違っている場合があります。

だから、いざ入社してから「話が違う」という例が実際にあるんですね。

  • 実際働いてみると年間の休日数が減っていた
  • 当初聞いていた時間よりも多く残業していた
  • 求人票に書いてあった給料の内容が手当分が多く少なくなっていた

などの話がありました。実際にそんな目にあった人は「失敗した」と思っている人がほとんどです。

だから入社前にしっかりと確認する必要があります。そのために、必ずオファー面談をおこないましょう。

タイミングはいつがいいか?

オファー面談を申し込むタイミングは内定をもらった後が原則です。内定をもらった後に、

「前向きに入社したいと思っておりますので、労働条件や職務内容について確認したく面談させていただけないでしょうか?」

という感じで申し出てみましょう。間違っても「入社するかどうか判断したいので面談させてください」とはお願いしてはいけませんよ。

こう言われるとお願いされた側はこころよく受け取りません。「じゃあ来なくていいです」と言われるのがオチです。あくまで入社する意思があることを前提にお願いしてください。

そして、企業によっては面接の最後に給料や休日数を伝えてくるところもあります。

この場合、企業側は内定を出すつもりで話している可能性もありますが、そうじゃない場合もあります。

なので、ここで全てを聞いてしまうと誤って不採用となってしまう可能性もあるので注意が必要です。

この場合は逆質問として、入社を前向きに考えている前提で聞けることは聞きましょう。

提示された給料に不満がある場合は一旦受け入れてて、内定が出てからオファーを受けるか考える。

休日数や残業時間は、実務内容を聞く中で質問する。

  • 「みなさん毎日どのくらい働いていますか?」 
  • 「休日に出勤する場合はどのような仕事をすることになりますか?」など

労働条件の話になったら、必ず業務内容も確認する。

  • 「私が入社するとなった場合、どのような業務をさせて頂けるのでしょうか?」など

このように、入社したいという気持ちが前提にくるよう質問しましょう。

内定が取り消されたりしないか?

オファー面談の話を聞いて、内定が取り消されたりしないか不安に思う方もいらっしゃることでしょう。

結論から言えば、残念ながら企業によっては取り消してくるところもあるかもしれません。可能性はゼロではないです。

しかし、はっきり言ってオファー面談を要望しただけで取り消しにしてくる会社はろくなもんじゃありません。

会社に入社するということは、会社とあなたの「雇用契約」になります。実際に誓約書などを書かされるのは雇用契約だからなんですね。

その契約内容の確認をおこたろうとしてくる場合、その時点で何かを隠していたり、ごまかしている可能性が出てきます。だからろくなもんじゃないと言えるのです。

内定を出した時点で会社はあなたに「うちで働いて欲しい」とお願いしているのです。だから立場としてはこちらが有利になります。

雇用することが契約である以上、企業側にとっても内容を確認することはむしろなにかと都合がいいことなので、臆せずオファー面談を要望しましょう。

自分の要望ばかり押し付けない

オファー面談が実現したら心がけてほしいことがひとつあります。それは自分の要望ばかり押し付けないことです。

ここまでオファー面談の話を聞いて「オファー面談は自分たちのためにやるんだ」と思っている人がいると思いますが、それは勘違いです。

転職希望者と企業側の雇用契約に関する条件をすり合わせるためにオファー面談をおこなうんです。

転職するわたしたちの要望もあれば、当然採用する企業側にも要望があります。そして契約ごとにはズレが生じることも多々あります。

そのズレをお互いが納得できるところまで持っていくのが交渉ですよね。オファー面談でも当然このような場合があります。

つまり、オファー面談とは企業に自分の要望を飲んでもらうのが目的ではなく、自分の要望と企業の要望をすり合わせてお互い納得のいく条件にするための場です。

なので、オファー面談が実現したらこちらも準備を整えておく必要があります。

自分が思っている全ての要望をまとめておき、その中で絶対に譲れない条件を固めてください、そして、なぜ譲れないのか理由もちゃんと考えておきましょう。

交渉の場合はちゃんとした理由がないと、ただのわがままにしかなりません。企業側もわがままばかり言う人は信用しません。この場合は内定取り消しになっても、悪いのはあなたになってしまいます。

そして、企業側の要望も頭から拒否するのではなく、一旦は聞き入れてください。そのうえで、自分の条件とどの程度離れているのか、どこまで歩み寄れるかをよく考えて企業側と交渉しましょう。

理由がしっかりしていれば企業側も考えてくれるので、お互いが納得できるところまですり合わせることができるはずです。

「必ずこうでなければならない」とこだわるのではなく、企業側のことも受け入れようとする柔軟な態度と気持ちでオファー面談にのぞんでください。

さいごに

今回は、内定をもらった後にやるべきこととして、オファー面談についてお話しました。いかがだったでしょうか?

今回の話をまとめると以下のとおりになります。

オファー面談について
  • 内定が出たらオファー面談をする
  • オファー面談は入社する意思を前提に申し込む
  • オファー面談を依頼して内定を取り消してくる会社はろくでもない
  • オファー面談は自分と企業の条件をすり合わせるためにする

今回のお話はおなじみ転職キャリアサロンでの情報をもとに作成しました。サロン内でも転職後に「条件が違う」という経験をされた方がいて、それにより改めて転職を考えて始めたという人もいらっしゃいました。

ふつうに考えれば「内定をもらっているのになぜ改めて面談をしなければならないのか」と考える人もいらっしゃるかもしれません。

しかしよく考えて頂きたいのが、条件が違っていることで嫌な気分になり退職することはわたしたちにとってはデメリットでしかありません。

転職歴は増えますし、早期退職となった場合経歴に傷がつき、次の転職においては不利になります。

また、企業側も「納得した上で入社したんじゃないのか」とショックを受けます。まして転職エージェント経由であれば費用も高額なので、手痛い損失になります。

そして転職エージェントも、顧客である企業から白い目で見られ、次の仕事がやりづらくなるでしょう。にもかかわらず、世の中の転職情報を見ればオファー面談の情報は見つかりづらいのが現状です。

僕も初めて知った時は目からうろこでした。今後、転職希望者も、企業の採用担当者も、転職エージェントの方も、オファー面談が浸透し当たり前のようにおこなわれることを願うばかりです。

この記事をご覧いただいたあなたも、内定をもらったらぜひオファー面談を申し込み、後悔の無い転職をしてください。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証