仕事を辞めたい人へ

仕事で病むとどうなってしまうのかをお伝えします【実体験】

おつかれさまです。キャリアカウンセラーナカヤマです。

僕は以前、仕事で精神的な病気になった経験があります。実際に心療内科のお世話にもなりました。

仕事で病む人ってけっこう多いですよね。特にコロナウィルスの影響で、病んでしまっている人もたくさんいるのではないでしょうか。

ですが、病んでいる人は自分では気づいていない人がほとんどです。なぜなら、どの状態から病んでいるかいまいち判断基準がわからないからなんですね。

なので、今回は僕の経験を4つのレベルに分けてお話します。

病んでいない方がいいのは間違いありませんが、「もしかして自分は病んでいるのではないか?」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

レベル1 完全に仕事が嫌になる

頭を抱えてジタバタする男

レベル1は完全に仕事が嫌になります。

やっている仕事のありとあらゆること全てが嫌になります。朝起きて家を出てから、帰ってきて家に入るまでの全てです。

特に病んでいない場合は、たとえ仕事が好きでなくても、上手くいったことや人に優しくされれば嬉しいし意欲も出るはずです。

でも病み始めると、上手くいっても全然嬉しくないし、人に優しくされても気づかなかったりすぐ忘れたりします。

なので、仕事に対して喜び、楽しみ、嬉しさ、意欲を感じてないと思った時点でレベル1はすでに始まっています。

こう言うと「そんな人けっこういるだろう」と思う人もいらっしゃいますよね。その通りです。けっこういます。

つまりどういうことかというと、どんな人でも病んでしまう可能性があるってことです。なので、「自分は絶対大丈夫」と思っている人は気を付けてください。

レベル2 些細なことで人に当たる

老害

レベル2は些細なことで人に当たるようになります。レベル1の嫌な思いが表に出る状態ですね。

仕事中に同僚や上司に、ちょっとしたことでも言われるとマイナスに感じてしまうので、普段の言動ですらマイナスになります。

愚痴を言ったり、過敏に反応して悪態をついてしまう状態です。

会社でそれを出さない人もいますが、そんな人はプライベートで出てしまいます。

気が付かないうちに友達、恋人、家族などまわりの人たちに対して、仕事の愚痴を言う回数が増えていきます。

日常の会話のほとんどが仕事の愚痴になるとまわりの反応も変わってきます。しかし、それでもまわりに気を使えなくなって止まらなくなってしまうとより危険になるでしょう。

表に出てしまっていることに気づかない、もしくは気にしなくなることがレベル2です。

レベル3 全てのことが楽しくなくなる

レベル3は全てのことが楽しくなくなります。この状態になるとストレス発散のためにプライベートで遊んだりすることですら楽しめなくなります。

生活全ての言動が愚痴ばかりになってしまい、遊んでいても、ストレスにやられているので仕事のことが頭から離れません。

もしかしたら、遊んでいる瞬間は楽しんでいるかもしれません。しかし、遊び終わって帰る段階で楽しかったことが頭から飛んでいきます。

次の日が仕事だと、夜家で過ごしている段階で気分がものすごく萎えていき、楽しかった記憶も忘れるくらい薄れていきます。

次の日になってしまうのがあまりにも嫌すぎて、「寝たい」とさえ思わなくなると本格的に心配するレベルです。

このように、ストレス発散になっていたことですら楽しめなくなってくるとレベル3です。

レベル4 ごはんの味がしなくなる

レベル4は「ごはんの味がしない」と感じるようになります。本当は味を感じているのですが、自分自身で「味気ない」と思うようになります。

この状態は僕の感覚でいえば相当やばい状態でした。

僕は家のカレーを食べた時にこれを体験したんです。子供の頃から食べなれている、大好きな家のカレーの味が、その日は感じ取れませんでした。

自分自身でも「おかしい・・・なんでカレーの味がしないんだ?」と思った記憶があります。今思えば、この状態になる直前から、食べることに喜びを感じなくなっていました。

人によっては、ごはんが食べられなくなったり、寝ていても寝た気がしなかったり、夢の中でも仕事をするようになり、ミスして怒られて目が覚める、なんてこともあります。

こうなると、普段の表情も違ってきます。目に輝きは無くなり、肌もあれ、目線は常に足元で、歩いていても宙を浮いているような感覚になります。

ここまでくると本当にやばいので、ちょっとでも「同じかも」と思った人は、医者に行ったり環境を変えたりと対策することをおすすめします。

でなければ、ここから先は病気です。

言動がヒステリックになったり、交通事故にあったり、人間関係が崩壊したり、自ら人生を終わらせたくなったりと大変な目に遭います。

身体にも、毛が抜けたり、肌荒れが深刻になり膿みが出はじめたりといった普段あまりならないような症状が出はじめます。

ここまで来てしまったら、恥や世間体など気にしてはいけません。完全に病気ですから、治すことに徹しましょう。

対処方法

では、こうなってしまう前にどのように対処すればよいかをお伝えします。

一番いいのは環境を変えることです。住んでいる場所、会っている人、やっている仕事のどれか一つでも変えれば環境が変わります。

環境が変われば毎日の気持ちも雰囲気も変化します。なので、まずはどれか一つ、できることをやってみてください。

また、人から言われたことにいちいち反応しないことも大切です。ついつい反応してしまうのは、自分に対する自信の無さが原因です。

自信が無いから、まわりから何か言われた時に「どうせ自分なんて」「なんで自分ばっかり」と思ってしまうんです。

その場合はメンタルを整えましょう。鍛えるのではなく、整えるのです。特に最近はメンタルを整える情報がたくさん世に出ています。

YouTubeなど見てみてください。メンタルを整えるための動画がたくさん出てきます。病んでいるとYouTubeをただ垂れ流しで見ている人がほとんどです。

どうせ垂れ流すのなら、メンタル系のYouTubeを見て整えてみてください。

環境を変える、もしくはメンタルを整えるどちらかひとつでもいいので試してみてください。

まとめ

今回は、仕事で病むとどうなるかを4つのレベルに分けてお話しました。いかがだったでしょうか?今回の話をまとめると以下の通りになります。

仕事で病むとどうなってしまうのか
  • レベル1 仕事の全てが嫌になる
  • レベル2 嫌な思いが表に出て人に当たる
  • レベル3 ストレス発散の行動すら楽しめなくなる
  • レベル4 食事や睡眠に悪影響が出る
  • 対処法  環境を変えるかメンタルを整えて反応しないようにする

今回お話した内容はあくまで僕自身の実体験になりますので、人によってはまた違った体験をしているかもしれません。

ですが、どのような体験をしたとしても、自分でもはっきり自覚できるのはぶっちゃけレベル4からです。レベル3まではこのような状態であっても自分を病気とは思いません。

そこが病むうえで一番怖いところでしょう。気づかず放置していると命まで危険になってきます。なので、そうなるまえにしっかりと自分の状態を把握し、無理せず自分をケアしてください。

一番大切なのは自分自身です。あなたにはこうならないように気を付けて頂きたいと思います。

もしそれでも辞められない場合は・・・

こちらをご覧ください。仕事を辞める最終手段がここに書いてあります。

https://job-change-30s.com/taisyokudaikou

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証