契約社員

【30代契約社員】正社員になりたい理由を正しく言えるか?

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は30代の契約社員が正社員になる時に大切になる「正社員になりたい理由の伝え方」をお話したいと思います。

正社員になりたい理由を考える時、ほとんどの方がまず思いつくものは「安定」「お金」「正社員の肩書き」かと思います。

しかしこのような理由では、あなたにとって良い結果をもたらすとは言えません。正社員になりたい理由はあくまで仕事中心で考えるのが大切なのです。上記の理由では「自分のことしか考えていない」と見られてしまうのです。

今回のお話は、理由があって正社員以外の道を選んでいる方へのアドバイスでもありますのでぜひ参考にしてみてください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

労働条件は理由にならない

不満

正社員になりたい理由を挙げる際に、給料や待遇などの労働条件を挙げる方は少なくありません。むしろそんな理由がほとんどだと思います。

ですが労働条件を理由にするほど、正社員への転職が成功する可能性は低くなります。なぜそう言えるのかをこれからお話していきます。

「正社員は安定している」という理由

正社員を目指す際の大きな理由として「安定」があります。ほとんどの人が「正社員は安定する」と思っていることでしょう。しかし正社員になれたからといって「雇用の安定」が手に入るとは限りません。

中小企業だけでなく、たとえ大手企業の正社員であっても定年まで働ける保障が無くなったからです。

2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数が6月3日、1万225人に達した。

引用:東京商工リサーチ

2019年以降、大手企業や上場企業がこぞって早期退職者、希望退職者を募集し始めました。黒字であるにもかかわらず人員削減に踏み切っています。これがいわゆる「黒字リストラ」です。

正社員は年功序列・終身雇用から実力主義へと変わり始めています。黒字リストラの対象にされるのは主に45歳以上の正社員です。

今までは契約社員や派遣社員などの非正規雇用ばかりのイメージがあったのですが、昨今はそれだけにとどまらなくなりました。

「正社員は安定しているから大丈夫だ」と甘んじていると、人員削減の対象にされてしまう可能性が高いです。そうなった時に他社へ転職できるスキルや経験を持っていないと、人生が詰むかもしれません。

「正社員は給料が高い」という理由

正社員は契約社員に比べ給料が高いです。これが理由で正社員になりたいと思う人は多くいるでしょう。しかし、給料にしか興味のない人は正社員になってはいけません。正社員の給料が下がる可能性もあるからです。

2020年4月より「同一労働同一賃金」が施工されました。これにより、原則的には正社員と非正規社員の待遇差を無くすことが法律で定められています。

これを受けて「契約社員の給料があがる」と見ていた人がほとんどですが、実際は「正社員の給料が下がる」という現象が起きていたりします。(参照:THE SANKEI NEWS

何も変わらないと感じている人が今のところ多いようなのですが、今後どのように変わっていくかは結局企業次第になります。なので、正社員だからといって給料が補償されるわけではないのです。

同一労働同一賃金の現状はどうなっているのか?【変化なし】仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は同一労働同一賃金の現状についてお話...

つまり「給料アップ」を目的とした正社員への転職は、本末転倒になりかねません。

「とにかく正社員ならなんでもいい」という理由

どこの会社に行っても契約社員に比べ正社員の方が優遇はされています。任せられる仕事やや背負う責任が全く違うのでこればっかりは仕方のない話です。

だからこそ、正社員の待遇に魅力を感じて「正社員なれるならばなんでもいい」という考えは危険極まりないのです。

正社員であっても「賃金が低い」「休日が少ない」「繰り返し何度も募集が行われている」などいわゆる「ブラック企業」と呼ばれる企業もあります。面接に行ってみると、求人票の内容と全く違うなんてことはよくある話なんですよ。

「とにかく正社員になりたい」「就職活動に疲れた」などの理由で妥協した結果、冷静さを失って焦ってしまい、ブラック企業に入社して後悔することになるかもしれません。

正社員になりたい理由は仕事中心で考えましょう

考える

正社員になりたいならば、あくまで仕事中心で考えるべきです。では具体的にどう考えるべきかをこれからお話します。

自分の経験を活用する

自分が今まで経験したことを活用できる仕事を選ぶことが大切です。30代以上であえばここは特に意識してください。企業側は経験者の方が採用したくなるからです。

たとえ正社員として働いたことがない方でも、何かしら仕事に活かせる経験を持っているならば積極的に活用すべきでしょう。正社員を募集する企業は即戦力を求めています。

人材を育てるのにはコストがかかります。未経験者に費用や人材を使って一から仕事を教えるのは企業側の先行投資になるんです。こう考えれば30代以上の場合、未経験であることはどうしても不利に働きます。

今までの経験をどう活用できるかをより明確に伝えることで、採用側はどんな仕事を任せられるかイメージしやすくなります。すると採用される可能性も高まります。

正社員に転職したいのであれば、まずはこれまでの仕事経験の洗い出したうえで、自分がどのように活躍できるのかを明確にしましょう。

仕事に意欲を持てる

長年働くことが前提の正社員では仕事に対する意欲を表すことが必要になります

転職を考えた際にいくつか候補があるならば、自分自身が意欲を持てる仕事や会社を選びましょう。なぜなら全く興味のない仕事に転職してもすぐ嫌になってしまうからです。

仕事への興味関心などはすぐ失せますし、すぐに転職したくなります。仮に行動したとしても職歴が一つ増え、ジョブホッパーと判断されたりと不利になります。

そうならないためにも自分自身が興味をもち、意欲を持って活躍できると思える仕事を求めるべきです。そこの意欲が無ければそもそも転職活動すらがんばることができません。

自分自身の将来を考え、意欲的に働けるような環境を求めてください。

契約社員ではできない仕事がしたい

契約社員はやることが限られています。なので契約社員ではできない仕事がたくさんあります。そんな仕事をしたいと思えるのなら、むしろ契約社員でいることは損です。

できない仕事をしたいというのはいわゆる「スキルアップ」です。みんなそうやってできることを増やし、社会人としてのスキルを身につけています。契約社員などの非正規雇用ではそのスキルが身に付きません。

契約社員を続けていると、必要性の無い報告書の提出や効率の悪い職場環境などによりもどかしい思いをすることがあります。しかしそんな状況を変えたいと思っても手を出すことはできません。

「業務効率化」「仕組みづくり」「環境改善」「顧客満足度の追求」などの仕事がしたいと強く思うのであれば、正社員になるしかないのです。

逆に言えば、正社員になりさまざまな仕事をこなすことであなた自身の価値を高めておけば、不測の事態などが起こり再転職せざるを得なくなってもあなたの助けとなるでしょう。

契約社員で働いている方へ伝えたいこと

崖っぷち

今は理由があり、比較的自由のきく契約社員で働いている方もいるかと思います。しかし契約社員として働き続けるにはあまりにもリスクが多いのも事実です。

30代が契約社員で転職する場合に考えられるリスクについて仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。 今回は契約社員へ転職する際のリスクについ...
  • 今、やりたいことを探している
  • 趣味などを楽しむ時間が確保できなくなるのが心配
  • 取りたい資格があり、勉強する時間が欲しい

上記のような理由で契約社員をしている方ははっきりいって調査不足です。ぶっちゃけて言えば上記のような理由は正社員でもできます。この点は正社員でも契約社員でも差がありません。

趣味や勉強などは正社員になってからでもできますが、契約社員から正社員にはいつでもなれるというわけではありません。年齢を重ねるほど、正社員への転職は難しくなっていきます。

正社員だろうが契約社員だろうが、前向きな思いがある人は叶えたい希望や理想の状況を実現するために動いてください。行動した人間が理想を実現できる権利を持つのです。

さいごに

今回は契約社員が正社員に転職する際の、正社員になりたい理由の伝え方についてお話しました。いかがだったでしょうか?

今回は契約社員から正社員になりたい人に向けてのお話でしたが、正直に言うと契約社員から正社員への転職は過酷です。

過酷な転職になるからこそ、転職活動をしてて嫌な思いをする場面はたくさんあるでしょう。中にはそれであきらめてしまい、契約社員のまま働き続ける人もいるかと思います。

しかしチャンスが全くないとは限りません。意欲を見せることと、自分には雇う価値があることを証明できれば可能性は十分あると思っています。

なので、契約社員から正社員への転職を目指すのであれば、何度も言いますが「意欲」と「価値」それと「あきらめない心」を持って最後まで行動し続けてください。

それほどの覚悟を決めてはじめて、契約社員から正社員への転職を実現できる権利を得ることができます。あなたの転職活動が成功することを、お祈りしています。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証