転職

当てはまる人は注意!転職に失敗する人のマインド3パターン

転職 失敗

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今日のお話は「転職に失敗する人のマインド」を3パターンご紹介いたします。今日のお話はちょっとシビアな内容となっております。

今現在がんばって転職活動をしている方も、これから転職をしようとしている方も、このパターンに陥っていたら転職はほぼ間違いなく失敗します。

せっかく転職するなら、成功したいですよね。やる気にみなぎる仕事したいですよね。今回の記事にそのヒントがありますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、この記事の動画もありますので、こちらもぜひご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

労働条件ばかり気にする

労働条件ばかり気にすると転職に失敗します。労働条件ばかりを気にして転職する場合、仕事内容がおろそかになるからです。

考えてもみてください。収入が良ければ仕事内容はなんでもいいと思う人もいるでしょうが、極端な話、それが詐欺でいつ逮捕されてもおかしくない仕事だとしたらいかがでしょうか。

世の中には合う仕事と合わない仕事が人それぞれどうしてもあります。そして結局合わなければ辞めたくなるのも人間らしさです。

休日数や残業時間などの労働条件にばかりこだわって仕事内容をおろそかにすると、入社した後に仕事内容を理解することとなり、

「向いていない」「苦痛だ」「おもしろくない」など後悔してすぐ辞める可能性が高くなります。

また、自分の時間を大切にしたいからと、残業時間・休日数・定時の時間などを気にする人もいます。

もちろん大事な話です。子育て中で子供の世話があるなどの理由であれば当然気になりますよね。

しかし、自分の時間を大切にしたいと言っている人の中には、その理由が無い人がいます。こんな人ははっきりいって一番失敗します。

遊びたいなら遊びたいでいいんです。それが活力になる人もいるからです。全力で遊べばいいんです。

でも、理由が無い人は結局だらだら無駄に過ごすことになります。時間の無駄になっちゃいます。時間を無駄にするくらいなら、残業して働いた方がいいと僕は思います。無理は禁物ですが。

どちらにしろ、自分の時間を大切にしたいのならどう使うかも重要です。こうならないようにまずは自分のやりたいことや興味あることを洗い出し、それに該当する仕事内容の会社を受けるようにしましょう。

面接の前に会社を見学したりホームページを見たり、どんな会社かを調べることも効果的です。

特に見学が出来れば、直にその会社の雰囲気が分かるので、そこで判断できれば無駄な転職活動をしなくて済みます。

何度も言いますが、重要なのは労働条件ではありません。仕事内容です。

自信が無い

自信がないまま転職しようとしても失敗します。自信が無ければそもそも受かりづらいですし、仮に受かったとしても「誰でもいいから採用したい」という会社に入ってしまう確率が高くなるのです。

まず、仕事で自信が無くなる人は、前の会社で苦痛な目にあった人が多いことでしょう。僕もそのパターンでした。

仕事で結果を残せず、毎日毎日「結果が出ないのはお前が悪い、結果を出せ」とののしられれば、そりゃだれだって意欲は無くなります。

ミスもそうです。はじめは些細なミスだとしても「何やってんだ?会社に損害を与えるな。お前は責任が取れないだろう。上の人間に迷惑をかけるな」とか言われたら、誰だってミスしたくなくなります。

でも、自信が無いと気持ちとは裏腹で、「ミスしたら終わりだ」と思って働けば、不思議と同じミスを繰り返してしまう人だっています。そしてまた同じように罵声を浴びせられるのです。

結局、そんな風に怒られると「やはり、俺はダメなやつだ」と考えてしまうので、どこにいってもおんなじように嫌になって辞めるのです。

「前の会社では人間関係でつまづきました。理不尽に怒られて、うつ病にもなりました。それで耐え切れなくて辞めました。しかし、御社の仕事内容にはとても興味があり、自分も御社では前向きに働けると思っています。」

という感じの言葉を転職先の面接で言ってしまうのは出来る限り辞めてください。僕は嘱託社員募集の面接官をしたことがあるのですが、このような理由を言われたら採用を見送っていました。

「この人はうちに入ってももたないな」と判断していたからです。当時僕のいた会社も人間関係は悪かったですし、そうでなくても「辞めるかも」という印象しかありません。

このように自信の無い人が行きつく先は、人が定着せず入れ替わりの激しい、誰でもいいから採用したいという会社になりがちです。

入れ替わりが激しいのには色んな理由がありますが、何かしらの理由でハードなことは間違いありません。

そんな状況の会社に自信が無い人が、自信を取り戻しガツガツ仕事ができるのかと言われれば、可能性はありますが「運がよければ」というレベルでしょう。

こんなことにならないように、まず自分が自信を持てる仕事は何かをよく考えてみましょう。自分の長所や特技、今までの経験で自慢できること、誇れることはないか探すんです。

それがわかれば、自分が求めている仕事、会社の雰囲気、社風がイメージできるようになります。あとは、そのような仕事、会社を探し出して選ぶようにしましょう。

考えか固まりすぎている

考えることが固まりすぎている人も転職に失敗します。この場合の考え方というのは「親や会社の上司などのまわりから言われたことが当たり前」だという考え方です。

この考え方になっている人は、ほとんどのサラリーマンがそうなっているでしょう。事実僕もそうでした。この考え方はこれからの時代を考えれば超がつくほど危険です。

「正社員でないといけない」という思い込みは労働条件と合わせて考えた場合、特別な理由もないのに諦めて望んでいない転職をしてしまう可能性があります。

本当はやりたいことがあったとしても、自分自身で勝手に「今の状態じゃこれはできない」と諦めてしまいがちです。

さらに、「辞めてはいけない」「続けなければいけない」などの言葉に邪魔され、「本当は苦痛で辞めたいのに辞めることができない」と余計な悩みを抱えたまま働き続けて最終的には病んでしまうことでしょう。

こうならないためにまず覚えておいて欲しいのは「自分が望む幸せな生活とは何か」がわかれば、それに合わせた労働形態を選んでいいということです。

なにも一つの仕事、一つの会社にこだわる必要はありません。嫌なら辞めればいいんです。いつも言っています。「病んでしまうくらいなら辞めてしまえ」と。

僕も以前まではこの考えがありました。「ここで本当に辞めるべきなのか」「この後転職できるのか」とずっと不安がありました。

しかし、このように悩む必要がなくなりつつあります。それは、今の世の中は情報量とともに選択肢もたくさん増えたので、自分が本当に自分らしく活動できる環境を求めてもいい時代になったのです。

自分が本当に自分らしく活動できる環境を求めてもいい時代になってきています。

だから、正社員でも、契約社員や嘱託社員でも、パートやアルバイトでも、フリーランスや起業でも、自分のライフスタイルに合わせて選んでいいんです。

もっと言えば、自分が強く望むのなら好きな仕事を同時にいくつもやっていいんです。

副業解禁の動きが活発化しているので、以前よりもやりやすくなってきました。サラリーマンをしながら起業するのも許される時代になってきています。

やりたいことの知識を蓄えたいのなら、全てではありませんが職業訓練という方法があります。

自分が興味のあるスキルが職業訓練に該当していれば、補助金をもらって勉強することだってできます。

ここまでの環境になっているなら、昔みたいに「正社員でなければいけない」「途中で辞めてはいけない」なんて考えがバカらしいとは思いませんか?

人間は幸せになるために生まれてきたのです。自分がより活躍できる道を自分自身の手で掴めるんです。

もし、この記事をご覧になるまで気持ちが萎えていたのであれば、一度、自分の望む幸せを考えてみませんか?

まとめ

今回は、「転職に失敗する人のマインド」を3パターンご紹介しました。いかただったでしょうか?今回僕がお話したのは、

  • 自分のやりたい、興味のある仕事内容を先に考えてから転職先を選ぶ
  • 自分が自信を持って出来る仕事、チャレンジしたい仕事を選ぶ
  • まわりの雑音に囚われず、自分が活躍できる働き方を選ぶ

の3パターンです。

この根底にあるのは、「自分は幸せになる為に生まれてきた」ということです。僕はこれを最近になって実感しました。

サラリーマンをしている時は、まわりの言葉ばかり聞いていて、自分のために物事を考えることが出来ませんでした。いわゆる「思考停止」です。

なので、目先の嫌なことから逃げたりもしましたが、逃げ切ることが出来ず余計に悩むということを繰り返していたのです。

ですが、自分の幸せは何かを根底に考えれば、自分にとって何が良くて何がダメのかは、けっこうはっきり見えてきます。その素直な感情に従うことができれば、必然幸せになります。

生活全般に言えることですが、ここでは仕事というカテゴリーから見た場合のお話をしました。そのうえで聞きます。あなたは今幸せですか?

もし、幸せではないと思うのであれば、今回の3パターンに該当しているかもしれません。今の自分がどの状態かを確認することからはじめましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証