転職

転職に失敗したと思ったら、まずはこの記事を読んでください

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は、「転職に失敗したと思ったらどうするか?」をお話させて頂きます。

さっそくですが、みなさんどうせ転職するなら当然失敗したくないですよね?誰もがそう思っています。わざわざ失敗したいと思って転職する人はいません。

ところが、そんな思いで転職したのに「失敗した」と思う人はけっこういらっしゃいます。なぜそうなってしまうのでしょうか?

今回は転職に失敗したと思った場合どうすればよいのか、失敗しないためにはどうすればよいのかをお伝えします。

これから転職活動をする人は、最後までご覧頂き参考にして頂ければ幸いです。

なお、動画もご用意してありますので、ぜひこちらもご覧ください。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

転職に失敗したと思ったら

悩む 男

転職に失敗したと思ったら、まずは今の仕事を辞めるべきかどうか判断しなければなりません。

「失敗した」と思うことは確実にマイナス思考です。そのまま放置していたら仕事のパフォーマンスが確実に落ちてしまうし普段の生活も苦しくなるからです。

ただし、真っ先に「転職しよう」と思うのは危険です。そう思う前に、今の会社で働き続けることができるかどうか、その可能性を考えてみてください。

具体的には以下の3つを自問自答して欲しいと思います。

  • 今の仕事で目的・目標が持てるか
  • 今の仕事をおもしろく感じられるか
  • 今の仕事以外にやりたいことがあるか

もし、目的や目標が持てて、おもしろく感じているのなら、すぐ辞めるのは正直もったいないです。そのまま一旦続けてみることをおすすめします。

そのような感覚があれば、その仕事はあなたにとってかけがえのない仕事になる可能性だってあるのです。

失敗したと思う理由は様々あるかと思いますが、そこは一旦冷静に見つめ直すべきだと僕は思います。

逆に、今の仕事とは全く別にやりたいことがあるのであれば、その気持ちを大事にした方が幸せになる可能性は高いと思います。

どうしてもやりたい仕事がある、その仕事がしたいと思うのであれば転職を検討してみてください。

転職活動は必ず在職中に行う

転職活動

転職に失敗したと思った人が改めて転職活動をおこなう場合は、必ず在職中に転職活動をおこなってください。これは鉄則だと思って頂きたいです。

転職に失敗したと思う場合、大半の方は転職して3年以内の方が多いことでしょう。すなわち、短期間で転職をすることになります。

しかし、転職回数が多くなればなるほど転職は不利になります。採用側から見れば転職回数が多いほど、定着できずにすぐ辞めていくのではないかと疑問に思えてしまうからです。

上記で、すぐ辞めるのではなく、今の仕事が続けられるかどうかを先に考えてくださいと言ったのはこれも理由に含まれるからです。

その上で転職をするのですから、勢い任せで辞めるのはリスクと言えます。よほどの理由が無い限りは在職中に転職活動をしてください。

試用期間の場合

もし、現在試用期間の場合、次の転職の際には履歴書の職歴に書かなくてもよくなります。つまり職歴が増えません。

もちろん、書かなくてもいいだけで、試用期間内に辞めたことがバレてしまうのはマイナスイメージになるから注意が必要です。

それと、職歴が増えないお試し期間だからといって即日辞めることが出来るということではありません。

最低でも2週間前に退職の手続きを取らなければならないのでその点もご注意ください。

さらに、試用期間は会社によってあるところと無いところがあり、期間も1ヶ月間から1年間と会社によって様々です。気になる方は事前に確認しておきましょう。

失敗したと思う原因

わからなくなる 自分

転職に失敗したと思う人がなぜそう思うのか、その原因をこれからお伝えします。その原因は以下の3つになります。

  • 情報不足
  • 自己分析不足
  • 判断ミス

この3つの原因は、僕が今までブログ、YouTubeでよくお話した内容が含まれています。失敗したと思った人は、一度見直して今後の糧にしてください。

情報不足

情報不足は、転職先の情報が不足していることです。転職先のことをきちんと調べなかったら失敗する可能性が高くなると言えます。

情報不足だと、転職した後に自分の思いと現実のギャップに悩まされることになります。不足していればしている分だけこのギャップは大きくなります。

転職先の情報は、求人票、会社ホームページだけでなく、口コミサイトや評価サイトもあります。実際見学などに行き直に会社の雰囲気を確認するのも有効です。

それらの情報をもとに、転職先で自分が意欲的に働けるかを吟味する必要があるのです。そういう意味で、自分が納得いくまで情報収集しましょう。

ちなみに、人間関係などは入社してみないとわかりません。なので、もしこんな人がいたらどう対応するか事前に勉強しておくことをおすすめします。

人間関係はどの会社でも起こりうる可能性のあるトラブルなので、あえて考えないか、どうしても気になるなら見学や面接時に様子を確認しておくのもよいでしょう。

自己分析不足

自己分析は、転職をする理由・目的・目標があいまいになっていることです。こうなるとほとんどの方が労働条件だけで転職先を決めたりしてしまいます。

労働条件で転職先を選ぶとどうなるかは再三お話していますが、簡単に言えば仕事内容や職場の雰囲気ですぐ嫌になる可能性が高くなります。

そうならない為に自己分析をしっかりおこないましょう。特に、理由・目的・目標が明確になっていれば、必然的に自分がどのような転職先を選べばいいかもわかってきます。

あとはそれに沿った会社を探し、採用される為にしっかりと準備をすれば失敗する可能性は極めて低くなるでしょう。

判断ミス

判断ミスとは、焦ったり、待ちすぎたりして判断するタイミングを逃してしまうことです。これは仕事などすべてにおいて言えることですね。

転職に失敗したと思う人の場合は、焦って判断するパターンがほとんどです。

焦ってしまう要因としては、転職活動が長引いて収入が途絶えた場合や、急なリストラなどで解雇された場合が考えられます。

焦る気持ちもわかります。僕も先に仕事を辞めてしまい転職活動をしていた時は、お金が尽きるまであと何日と、毎日不安になりました。「早く決まってくれ」と願っていました。

そうならない為に、在職中の方は仕事を続けながら転職活動をおこなってください。長期戦にはなりますがこちらの方が冷静な判断がしやすいのは間違いありません。

解雇された場合は雇用保険の申請をしましょう。解雇の場合は懲戒免職でもない限り次月から給付されます。また、常に給料の3ヶ月分の貯蓄をするのもおすすめです。

そうやってまずは焦らなくてもいい環境を整えてください。あとはタイミングを間違えないように注意しながら行動しましょう。

まとめ

今回は、転職に失敗したと思ったらどうするかをお話しました。いかがだったでしょうか?今回の話をまとめると以下のとおりになります。

転職に失敗したと思ったら
  • 今の仕事に意欲が出るか自問自答する
  • 転職する場合は必ず在職中に活動する
  • 試用期間で辞める場合は職歴に加えなくてもよい
転職に失敗したと思う理由
  • 転職先の情報が不足しているとギャップに悩まされる
  • 自己分析不足だと理由・目的・目標があいまいになる
  • 焦ると判断するタイミングを間違えてしまう

転職に失敗したと思った時点で、転職回数が増えてしまうことは避けられない事実です。

しかし、できることなら転職回数は少ないにこしたことはありません。失敗したからすぐ転職と思う前に、一度冷静に考えることも働くうえでは大切です。

とはいえ、この世の中には「ブラック企業」という言葉が当たり前にあるくらい、合わない会社というのは誰にだってあります。

そんな会社で自分を消耗するくらいなら転職した方がいいのも間違いではありません。

だからこそ、失敗というリスクを極力減らすために、今回お話した内容をしっかりと踏まえて転職活動をおこなって頂きたいと思います。がんばりましょう。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証