自己分析

30代で転職がうまくいかない人、原因はあなたの考え方だ。

仕事の悩みをふっとばすキャリアコンサルタント・ナカヤマ(@nakayama_cc)です。

今回は転職が上手くいかない原因をお伝えします。

「30代の転職は難しい」「30代から転職なんて現実を見ていない証拠だ」と言われる程、30代からの転職は難しいという声をよく聞きますよね。僕も良く言われました。でもこれ、もはや昔の話です。

就職氷河期の時ならいざ知らず、今はどこの会社も「人手不足」と嘆いているのが現状です。50代ならまだしも、30代ならチャンスがあってもおかしくないと言えるでしょう。

しかし、まだまだ30代からの転職がうまくいかないと思っている人は世の中にたくさんいます。うまくいかなくて断念する人もたくさんいます。

だからこそ今回は、30代の転職がうまくいかない原因を考えてみましょう。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

転職がうまくいかないのは考え方が悪い

考える 男

転職がうまくいかないのは、あなたの考え方が悪いからです。

30代の転職は人生において本当の意味で分岐点となります。しかしそれを理解しないまま、20代の時と同じ感覚で転職をしようとすると失敗してしまうんです。

たとえば今の会社から逃げることを重視して転職しようとする場合、ほとんどの人は次の会社をどうするかなどは考えていません。職業安定所や転職サイトで求人案件を見ても、どの仕事がいいのかわかっていないのでピンとこないんです。

そして結果的に労働条件(給与、休日数、就業時間など)と、簡単に書かれている仕事内容だけで判断してしまい、応募しても不採用ばかりになってしまいます。

仮に採用されたとしても、そもそもの転職理由がわかっていないので同じことを繰り返し、同じように意欲が無くなって、また転職してしまうという悪循環に陥ります。

もしかしたら50代になって正社員として雇われることは絶望的で、非正規雇用で年下の上司や同僚に「使えない老害」と裏で言われつつ、収入も月給手取り20万以下で年金の心配ばかりしながら細々と生活するハメになる・・・かもしれません。

この記事を読んで少しでも「やばい」と感じたら、今一度30代の転職が「なぜうまくいかないのか」を理解し、考え方を見直しましょう。厳しいことを言いますがこれが現実です。

マイナス思考

30代の転職はマイナス思考で考えていると失敗します。仮に転職出来たとしても、転職先でマイナス思考のまま働いてしまうので、結果また転職しようという癖がついてしまいます。主な理由をピックアップしてみましたので、確認してみましょう。

年齢のせいにしている

年齢のせいにしていると転職に失敗します。あなた自身が「30代だから転職は難しい」という意識を持ってしまい、本能的に不安になってしまい自信が無くなっているからです。

面接に行きつく前に心が折れてしまったり、面接までたどり着いたとしても採用担当者から見て採用するメリットを感じ取れない状態になっているかもしれません、

本来30代というのは一般的に見れば働き盛りで、人手不足と言われている現在においては企業にとっては即戦力となる貴重な人材になり得ます。スキル経験が合致すればなおさらです。

しかし根本的に自信が無い人はそのような発想もできず、ただただ周りから「30代の転職は難しいんだぞ」という言葉を信じてしまい転職できなくなります。

なので、30代の転職は難しいといまだに思っている人はその考えを改め、まずは自分に何ができるのかを考えるところから転職活動を始めてみてください。

転職理由があいまい

転職理由があいまいだと転職に失敗します。辞める理由がたくさん出てきても、それだけでは無意味といっていいでしょう。

転職して自分がどうなりたいか、なぜその会社に転職したいのかがわからないと転職理由はあいまいになってしまいます。

すると応募した会社に対して自分がどう活躍できるのかを説明できないので、採用してほしいとアピールすることができなくなります。

採用する側は「この会社に入ってどのように活躍し利益を出してくれるか」を考えるので、アピールできなければ当然採用しようとは思いません。

なので「なんでこの会社に転職を希望したのか」という理由があいまいであれば、その会社は不採用確実だと思ってください。

不満が多い

あなたが仕事の愚痴を言い続けている状態であれば、そのように不満が多いから転職が失敗します。

人間は会社や職場環境が変わっても不満を言います。僕自身、生活のすべてが仕事になってしまった工場勤務の時よりも、完全週休二日制だった通信機器販売の営業をしていた時の方が不満が多かったんですよね。

そしてその原因はどの環境でも不満を見つける自分自身にあります。それに気づかないうちはどこに行っても不満が出てきてそのたび愚痴が生まれ、結果辞める可能性が高くなります。

仕事に対して不満しか言えない人は転職できないし、できたとしてもすぐ辞めたくなるから失敗しやすいんです。不満だけでなくその先の願望も言えるようにしてくださいね。

熱意が無い

あなたが転職に対し熱意が無ければ、当然のごとく転職に失敗します。

たとえばネガティブな理由で会社を辞める人が転職をする時に、前の会社での嫌なイメージから抜け出すことができなければ、思い切って転職活動をすることができません。

「次にどんな仕事をしたいか」「自分がどのように活躍したいのか」などの欲望が無いと熱意は出てきません。すると転職したい会社に対して自分の願望も伝えられないし、採用してほしいという気持ちも全く伝わらないからです。

なので30代からは「転職先ではどのように働きたいか」「どのように活躍したいか」を明確にし「やるぞ」という熱意を持たないと採用すらされないのです。

考えが甘い

ネガティブな理由とは別に、そもそも30代で転職をすること自体甘く見ている人がいます。甘く見ているので転職に失敗します。

30代の転職は可能性はあるにしろ甘くはありません。それを踏まえたうえで主な理由をピックアップしてみましたので確認してみましょう。

自分のことを過大評価している

自分のことを過大評価してしまうと転職に失敗します。ここを採用する側やアドバイザーなどに見透かされてしまうと、まともな扱いをされることはありません。

そんな現実とのギャップにぶち当たった時に、このような人は対応しようとせずに逃げたりします。だから失敗しやすいのです。

自信を持つことはとてもいいことですが自分を過信しすぎると、「できる」という自分の発言に意識が向いてしまい、できるようになるための「努力」をしなくなります。この「努力をしない」ことが問題なのです。

自分自身が「できる人間だ」と思うのなら結果を出さなければいけませんし、そこで結果が出せなければ努力をするしかありません。それでもダメなら反省し、もう一度自分に何かできれば考えればいいと思っています。

恥ずべきことではありませんので、正直に「できる」「できない」を区別し、背伸びしないようにしましょう。

労働条件にこだわりすぎている

労働条件にこだわりすぎていると転職に失敗します。労働条件にこだわっていると、自分自身の能力に見合わない条件を望んでしまう可能性があるからです。

仮に転職できたとしても、希望条件と実際の条件が違っている部分が見えた時や職場の雰囲気、仕事内容などで嫌な部分があれば気になってしまい結果辞めたくなります。

もちろん、労働時間が短いうえに休日数が多くて給料も今よりたくさんもらえるとなれば、誰だって飛びつきたくなりますよね。

でも、好条件の裏にはハードワークというリスクがあったりしますし、そもそもその条件自体が誇張していて実際の条件は違っているということも否定できません。

にもかかわらず目先の条件に飛びついてしまい後で泣きを見ても悪いのはあなたです。そんな転職誰だってしたくありませんよね。

だから労働条件にだけこだわるのではなく、仕事内容や自分のビジョンなど、働き方に関する部分も大切にしていきましょう。

スキル・経験が備わっていない

スキル・経験が備わっていないと、それが理由で転職に失敗します。企業側が30代の転職者に求めるのは即戦力だからです。

即戦力として必要になるには「スキル」と「社会人としての経験」が必要です。

  • 事業内容に即座に順応し利益をあげることが出来るスキルを持っている
  • どこに行っても自分のやることを理解し働くことが出来るだけの社会経験がある
  • 部下を持ち、部下をどのように指揮、采配していたかの管理職経験がある

このようなことを求められるので、当然これが備わっていない人が採用される可能性は、低くなってしまいます。

どこの会社もそうですが、転職希望者が面接に来た際、今までの経歴をまず確認します。

  • 何回転職しているか      →  転職後定着するか
  • 1社あたり何年在籍しているか →  辞め癖がついているか
  • どのような立場にいたか    →  経験値はどれくらいあるか
  • 働いていない期間があるか   →  使える人材か

このように面接する側にとっては、今までの経歴から見える情報が判断材料の中核となるのです。

なので、自分の経験してきたことをきちんと説明し、なおかつメリットを感じさせることができなければ、採用されることは無いと言えるでしょう。

なにより行動しない

そもそもの話ですが、転職しようと決めていながら行動しない人は間違いなく転職に失敗します。行動しなければ結果は生まれないからです。

どんなに優秀な人間だったとしても、どんな理由があったとしても、動こうとしない人は転職はできません。

ここでお話する行動というのは何も具体的に応募して面接を受けろという話ではありません。自分自身を見つめ直し、転職するべきかどうか考えることも立派な行動です。

  • 自分の現状を整理する
  • 今までの経験と今現在できることを整理する
  • なぜ「転職」という考え方が出てきたのかを考える
  • 転職する場合、何を変えたいのかを理解する
  • 変えたいことを変えるために何をすべきか調べる
  • 実際に実現するためにどう行動すればいいか調べる

30代から転職をする場合は「何がしたくて転職するのか」を自分自身でしっかり理解しておきましょう。それを考えることが30代から転職するうえでの第一歩となります。

まとめ

今回は30代の転職がなぜうまくいかないかをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

少々厳しい事を言っていると感じた方もいるかもしれませんが、それほど30代の転職は考え方が甘かったり弱かったりすると難しくなるものです。

ですが一転、自分の願望を明確化し、きちんと準備すれば決して難しくはないのです。もし、真剣に転職をお考えであれば、上記の事を踏まえて転職に挑んでみてください。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証