転職

転職がうまくいかない30代は見直せ!原因は考え方が悪い!

転職うまくいかない30代

お疲れ様です。キャリアカウンセラーナカヤマです。

今回は、転職がうまくいかない人は必読です。転職が上手くいかない原因をお伝えします。

「30代の転職は難しい」「30代から転職なんて現実を見ていない証拠だ」と言われる程、30代からの転職は難しいという声をよく聞きますよね。僕も良く言われました。

果たしてそうでしょうか。就職氷河期の時はいざ知らず、今はどこの会社も「人手不足」と嘆いているのが現状です。50代ならまだしも、30代ならチャンスがあってもおかしくないなと思えないでしょうか。

しかし、実際に30代からの転職がうまくいかないと思っている人は世の中にたくさんいます。うまくいかなくて断念する人もたくさんいます。どうしてなのでしょうか。

今回は、30代の転職がうまくいかないのはなぜかを考えてみましょう。

転職や仕事のご相談をお聞きします あなたの転職・仕事の悩みをお聞きし、「今後」を一緒に考えます

転職がうまくいかないのは考え方が悪い

考え方が悪い

転職が上手くいかないのは、あなたの考え方が悪いからです。

30代の転職は人生において本当の意味で分岐点となります。にもかかわらず、それを理解せず、20代の時と同じ感覚で転職をしようとしている人が多いからです。

例えば、今の会社で嫌な思いをし、逃げるように転職をするとしたとしましょう。この時、逃げる事を重視していると次の仕事を考えていない人が多いです。

職業安定所や転職サイトで仕事を探していても、どの仕事がいいのかわかっていないので迷ってしまいます。

そして、場所、休日数、残業時間、給料などの労働条件と、簡単に書かれている仕事内容だけで判断してしまった状態で面接を受けてしまい、採用されないということが続くのです。

仮に採用されたとしても、自分自身がなぜ逃げるように転職をしたか理由がわかっていないために、転職先でも同じような間違いをしてしまいます。

そして同じように気分を害した結果、数年後に転職してしまうというパターンに陥ります。

ここまで来ると行きつく先は転職の繰り返し。50代になって気が付けば正社員として雇われることは絶望的で、嘱託(しょくたく)社員やパート社員扱いとなります。

年下の上司にあごでこきつかわれ、「使えない老害」と裏で言われつつ、収入も月給手取り20万以下で年金の心配ばかりしながら細々と生活するハメになります。

なので、この記事を読んで少しでも「やばい」と感じたら、今一度30代の転職が「なぜうまくいかないのか」を理解し、考え方を見直しましょう。

「お金はいらない。それでもいい」と思う人は、厳しい事を言いますが、どうぞそのままでいて結構です。

マイナス思考の考え方

30代の転職はマイナス思考で考えていると失敗します。仮に転職出来たとしても、転職先でマイナス思考のまま働いてしまうので、結果また転職しようという癖がついてしまいます。

主な理由をピックアップしてみましたので、確認してみましょう。

年齢のせいにしている

年齢

あなたがもし、年齢を理由に転職を迷っているのであれば、そのように年齢のせいにしているから転職が失敗します。

あなた自身が「30代だから転職は難しい」という意識を持ってしまい、「自分には転職は無理なんじゃないか」と、本能的に不安がり自分を信じてあげられないからです。

面接に行きつく前に心が折れてしまったり、面接までたどり着いたとしても採用担当者から見て、採用するメリットを感じ取れないのです。

本来30代というのは一般的に見れば働き盛り。人手不足と言われている現在においては企業にとっては今まで培ってきた社会人としての経験があるため即戦力となる貴重な人材になり得ます。

しかし、根本的に自信が無い人はそのような発想もできず、ただただ周りから「30代の転職は難しいんだぞ」という言葉を信じてしまい、転職できなくなります。

たとえば、前職を逃げるように辞めようとしている人を例にあげましょう。

きっとこんな人は、会社から求められている成果と現実の成績不振で自信を無くし、上司から責められていたのでしょう。

同僚から「仕方のない奴だ」と思われ、挙句後輩からも「この先輩はすぐ抜けるな」と舐められてたりしているのではないでしょうか。

そして、周りの目ばかりが気になってしまい、自然と自分自身で「俺ってダメな奴だ」と自信を無くしています

自分なりに頑張っても成果も出ず、ただただ苦痛な思いをしながら朝早くから夜遅くまで働いて、結果疲れてしまい退職を考えてしまうでしょう。

しかし、ここで自分の年齢を思い出します。

20代の頃は勢いだけでなんとかなっていたところが、30代になり周りの対応が変化した事で、余計にビビってしまう癖が自然とついてしまいます。

この状態ではハローワークに行っても、転職サイトで情報を見ても、「このまま転職しても同じなんじゃ」と思ってしまい、探す時点でつまずいてしまうのです。

なので、「30代だから転職は難しい」「前と同じことを繰り返すのが怖い」という不安を抱えてしまうので転職が失敗するのです。

転職理由があいまい

転職したいと思ったときに、転職理由があいまいであることで転職が失敗します。会社を辞める理由は腐るほど出てくるからです。

次の仕事を考えた時にどうしたいかという願望が無いので、「自分がどこに行けば活躍できるのか」を考えることができなくなってしまいます。

採用する側は”この会社に入ってどのように活躍し利益を出してくれるか”が採用するうえでは大前提となります。

それを考えれば、「自分がどのように活躍できるのか」がわかっていないと、採用してほしいとアピールすることができないのです。

たとえば、前職を逃げるように辞めようとしている人を例にあげましょう。

先ほどのように自分に自信が無く不安ばかり感じていると、転職情報を見ても自分がそこでどのように働いているかのビジョンが全く見えません。

ビジョンが見えなければ、選んでいいのかどうなのか、ここでも迷いが消えません。

なにより、迷いがある状態で面接を受ければ、面接官から「志望理由」を聞かれたときに、答えることができません

面接に置いて志望理由は要の一つ。大きな意味があります。それなのにここで答えることが出来なければ、面接官の内心は「何しに来たんだ」となるでしょう。

なので、「なんでこの会社に転職を希望したのか」という理由があいまいであれば、その会社は受けてはいけないのです。不採用確実なので。

不満が多い

不満

あなた自身がもし、常に仕事の愚痴を言い続けている状態であれば、そのように不満が多いから転職が失敗します。

ここで言う不満と言うのは”転職前の会社”のことだと思う人が多いですが、そこからまずズレています

転職前の会社に対する不満と言うのはとどのつまり、仕事に対しての不満になるからです。

たとえば、会社の不満でよくあるのが、「環境」です。周りの人間関係、仕事内容、給料、休日、残業などです。これ、だれからでもよく聞く不満なんです。

僕は最初の会社(食品工場)で、24連勤を経験したことがあります。半日出勤の日もありましたが、それも含めて最大3週連勤したことがあります。

しかしその会社は、最長2か月連勤している人もいて、どれだけ連勤したかが自分の武勇伝になる会社でした。狂っています。

その会社を辞めて転職した次の会社(通信機器販売)は、基本的に土日休みでした。

土曜日にトレーニングをしておりましたが、24連勤から比べれば毎週休みがあるのはとても魅力的に見えますよね

しかし、僕はこの通信機器販売会社での文句の方が強かったんです。いくら休みが前より増えても、別の理由を見つけて愚痴を言っていました。

さらに、平日5日間働くだけでも「だるい」「うざい」「働きたくない」「やる気出ない」などとほざいていました。

おわかり頂けたでしょうか。人間は環境が変わっても、不満を言います。そしてその原因は、どの環境でも不満を見つける自分自身にあります。

それに気づかないうちは、どこに行っても不満は出ますし、不満が出るたびに愚痴が生まれ、結果辞める可能性が高くなります。

なので、仕事に対して不満しか言えない人は転職が出来ないし、出来たとしてもすぐ辞めたくなるので失敗するのです。

熱意が無い

熱意無し

あなたが転職に対し、熱意が無いから転職に失敗します。

前述した内容をまとめて、ネガティブな理由で会社を辞めた人が転職をする時に、前の会社での嫌なイメージから抜け出すことが出来なければ、思い切って転職活動をすることが出来ないからです。

「次にどんな仕事をしたいか」「自分がどのように活躍したいのか」などの欲望が無いと、熱意は出てきません。

欲望が無いから、転職したい会社に対して自分の願望も伝えられないし、採用してほしいという気持ちも全く伝わらないからです。

たとえば、僕は営業マンになって14年になりますが、最初の2年間は通信機器の販売をしていました。

僕は情報系が人より少し得意だったので、この会社なら活躍できるだろうと安易に思ってしまったのです。

しかし、結局売れない営業マンのままこの会社を辞めることにしました。とにかく結果を出すことができずに「環境」のせいにして凹んでいたんです。

そして会社の経営が危ない事を知り、理由がそろったと思って退職しました。

この後、重機レンタル業の会社へ転職をするのですが、選択した理由は「営業が出来ればどこでもいいや」でした。

この時僕は24歳で、親のつてを借りて就職しました。つまり、楽をしたのです。

志望理由なんてありません。どのような会社かも知りません。売れないセールスマンの僕は、売れないまま、若さだけを武器に転職しました。

その結果1年目から不満、不安を抱えながら仕事を続けました。

これは20代だから転職できたのです。これが30代だったら、確実に親の顔に泥を塗り、採用してくれた上司からは「こいつは使い物にならないな」と思われていた事でしょう。

採用すらされなかったかもしれません。事実、運よく転職こそ出来ましたが、その後上司から「潰れた会社から来る奴はロクな奴がいない」と言われていました。

なので、30代からは「転職先ではどのように働きたいか」「どのように活躍したいか」を明確にし、「やるぞ」という熱意を持たないと採用すらされないのです。

甘く見ている考え方

ネガティブな理由とは別に、そもそも30代で転職をすること自体、甘く見ている人がいます。甘く見ているので転職に失敗します。

30代の転職は可能性はあるにしろ、決して甘くはありません。それを踏まえたうえで主な理由をピックアップしてみましたので、確認してみましょう。

自分のことを過大評価している

天才

自分の事を過大評価してしまうと転職に失敗します。自分本来の能力を理解していないので、発言に信ぴょう性が無くなるからです。

また、現実とのギャップにぶち当たった時に、このような人は対応しようとせずに逃げていしまいます。

自信を持つことはとてもいいことです。僕も自信を持つことはおすすめしています。そして、できないことでも「俺ならできる」と思うことも、悪いことではありません。

実際に、できないことを「できる」と言い続けることで、段々と実現していくと言う人もたくさんいます。

じゃあ何が問題なのでしょうか。自分を過信してしまうと、いくら「できる」と言っても、「できる」ということに意識が行き過ぎてしまいます。

すると、できるようになる為の「努力」をしない人がいます。この「努力をしない」ことが問題なのです。

以前僕が勤めている会社に、30代の転職者が来ました。その人は、会社にとって有益な資格をいくつも持っていて、実務経験も豊富でした。

面接でのやり取りも、自信満々で回答していたので、採用した上司は「こいつは使える!即戦力だ!」と思い採用しました。

しかし、出勤初日に上司が仕事の指示を出した際、「やったことないです」と一発目から弱音を吐き、オドオドしてしまいました。

さらにこの人は、やればできることも「できない」「無理」と言い、全く仕事をしようとしなかったのです。

挙句の果てには2週間経過したあたりで上司に「辞めたいです」と言う始末でした。この時上司が言った言葉は「お前キン〇マついてるのか!?」でした。

そう、この人は面接であれほど自信満々に話していたのに、いざ仕事となると言い訳ばかりして全く使い物にならなかったのです。

期待をしていた人は全員「期待外れだ」と思っていました。即戦力として雇った人間が、全く使い物にならないので当然です。

話をしていても、前職の愚痴ばかり。それなのに「自分は能力はある」と言っているのですから救いようがありません。

結局この人は1ヶ月未満で辞めていきました。経験が豊富であるにもかかわらず、この会社に順応しようという努力を怠ったのです。

なので自滅していきました。誰からも引き留められること無く、「いらねーや」と思われながら去っていったのです。

実際、「俺は他ではもっとできる」と言って辞めていく人をたくさん見てきましたが、ろくに努力をしていない人ばかりでした。

発言も信ぴょう性が無いので、「ああ、こいつはダメだろうな」と、僕も思ってしまうほどでした。

なので、自分自身が「できる人間だ」と思うのなら、できる為の努力をし続ける必要があります。「できる」と言って出来ない人ほど滑稽(こっけい)な人はいませんので。

労働条件にこだわりすぎている

転職情報

労働条件にこだわりすぎているから転職に失敗します。

労働条件にこだわっていると、自分自身の能力に見合わない条件を望んでしまう為、どの会社からも条件が合わないから不採用という結果をもらってしまうことになります。

仮に転職できたとしても、希望条件と実際の条件が違っている部分が見えた時や、職場の雰囲気、仕事内容などで嫌な事があれば、すぐに嫌気がさして辞めたくなります。

たとえば、僕の先輩に元ホストの方がいます。僕より1年先に転職しているのですが、その人が転職する際、前の職場での給料を聞かれました。

先輩はホスト時代に月収100万円以上稼いでいた為、そのまま100万円だと伝えました。

元ホストだけあって営業先でのトークは一歩抜き出ていて、かつ儲けることに対する姿勢もすでに出来ており、営業職としては入社当時から優秀な方でした。

それでも会社はいきなり月収100万円は出せるわけも無く、この先輩は当初基本給20万円からのスタートとなりました。

先輩は多少不満はあったものの、「妥当だな」と思い承諾したそうです。まぁ、一般企業ですから当然と言えば当然ですが。

しかし、もしこの先輩が月収100万円にこだわったとしたらどうでしょう。まずどの会社も条件が合わないと言って採用することはないでしょう。

いくら人間的に能力があったとしても、結果を出していない状態で毎月100万円を新入社員に支払う会社はありませんから。

仮に転職が出来たとしても、月収が20%まで減っている状態で下っ端の仕事をさせられたら、やっている仕事に対して見返り(収入)が低すぎると感じて辞めていく可能性が高いと思います。

僕は考えただけで無理だと思いました。もしこれが自分なら以前の感覚がどうしても邪魔をして、辞めたくなるなと思います。

極端な例を挙げてしまいましたが、労働条件にこだわる人は以前に働いていた会社のことをひきずってしまいます。

その為、妥協することも出来ず、以前の感覚ばかりこだわってしまい、嫌気がさしてくる為転職に失敗します。

スキル・経験が備わっていない

全て失う

スキル・経験が備わっていないと、それが理由で転職に失敗します。

なぜなら、企業側が30代の転職者に求めるのは即戦力だからです。ここで言う即戦力とは、「スキル」と「社会人としての経験」です。

  • 事業内容に即座に順応し利益をあげることが出来るスキルを持っている
  • どこに行っても自分のやることを理解し働くことが出来るだけの社会経験がある
  • 部下を持ち、部下をどのように指揮、采配していたかの管理職経験がある

このような事を求められる為、当然これが備わっていない人が採用される可能性は、低くなってしまいます。

たとえば、どこの会社もそうですが、転職希望者が面接に来た際、今までの経歴をまず確認します。

  • 何回転職しているか      →  転職後定着するか
  • 1社あたり何年在籍しているか →  辞め癖がついているか
  • どのような立場にいたか    →  経験値はどれくらいあるか
  • 働いていない期間があるか   →  使える人材か

このように確認します。面接する側にとっては、ここの情報がメインとなるのです。

資格など持っていても、実際資格が生かされる仕事をしているかも確認されるため、資格だけ持っていてもあまり意味はありません。

そして、上記のような項目に当てはまる人は要注意。よほどのメリットを感じさせない限りは、総合して「雇う価値無し」と判断されます。

返事は一週間後にしますと言われ、いい返事はもらえません。返事すら来ないかもしれませんよ。

なので、自分の経験してきたことをきちんと説明し、なおかつメリットを感じさせることが出来なければ、採用されることは無いと言えるでしょう。

熱意だけで勝負しようとする

暴走

ろくなスキルや経験も無い上で、熱意だけで勝負しょうとする人がいますが、このような人は転職に失敗します。

上記のようにスキルも経験も特に無く、自分を過信している人は、20代と同じように、「熱意だけ伝えれば雇われる」と勘違いしてしまうからです。

たとえば、職場での人間関係が悪化し、上司と喧嘩した勢いで会社を辞めた人がいるとしましょう。

転職の為に募集案件を見ますが、喧嘩の勢いで辞めたので転職理由が特にありません。結局、同じような内容の仕事で、労働条件がいい会社に面接を申し込みます。

ここで少しでも準備すればいいものの、「前の会社は人間が悪かったから辞めたんだ。普通の会社なら俺は経験もあるし、雇ってもらえる」という勘違いを起こし、下手な自信を持ってしまいます。

そして面接になり、前職を辞めた理由では下記のようなことを言います。

  • 前の会社は人間関係が悪かった。
  • 自分はもっと仕事が出来るが、前の会社の方針が合わなかった。
  • こちらではもっと活躍できると思っている。
  • 精一杯頑張りたいと思っているので是非雇って欲しい

これで採用されると思いますか?僕が採用担当なら、採用は見送りますね。仮に本当に仕事が出来たとしても、考え方があまりにも自分本位なのです。

このような人は、職場の空気を乱す危険性があると判断されます。具体的に活躍するという理由も説明されていませんので魅力も感じ取れません。

自分自身を過大評価して、転職理由を前の会社のせいにして、何ができてどのように貢献できるかも説明せず、自分は身勝手な奴だとアピールしてしまった状態での、「熱意がある」や「頑張る」という言葉は、とても信ぴょう性のある言葉とは思えません。

なので、志望理由、スキル・経験のアピールなどが揃っていないにもかかわらず、熱意を前面に押し出し転職活動をすることで失敗してしまいます。

転職がうまくくいかないのは行動しないから

動かない鳥

転職しようと決めていながら、行動しない人は間違いなく転職に失敗します。

行動しなければ結果は生まれないからです。どんなに優秀な人間だったとしても、考え方がネガティブだったり、甘かったりして、動こうとしない人は転職は出来ません。

ネガティブな考え方だと、転職活動をする前から採用されるかどうか不安がってしまい、失敗することが前提になってしまいビビってしまいます。

結果面接に行きつくことなく転職情報を確認するだけで終わってしまいます。

また、甘い考え方だと、「俺はいつでも採用されるから、しばらく休もう」と思い休んでしまう人が出てくるでしょう。

いつでも採用されるからと休んでいては、その期間何をするかによっては転職する意欲も下がっていきます。

うまく面接まで行けたとしても、気が付けば何度も何度も面接を受けるが不採用が続くハメになります。

なので、30代から転職をする場合は「何がしたくて転職するのか」を自分自身で把握しましょう。

そのうえで、在職中でもスキマ時間を見つけて必死になって自分自身の為になる転職先を探すくらいの努力をしなければ転職はうまくいきません。

30代の転職がうまくいく為の方法

では、どうすれば転職がうまくいくのか、今度はその方法を確認していきましょう。

自分の信念を含めた転職理由を作る

信じる

自分の信念を含めた転職理由を作る必要があります。

「どうしてこの仕事がしたいのか」「なぜこの会社で働きたいのか」という質問に、はっきりと自分の思いを込めて返答出来れば、「転職したい」という熱意が相手に伝わるからです。

僕が通信機器の販売営業をしていた際に面接に来られた方で、印象に残っている人がいます。

その方はもともと、保険販売の営業をしており、ひとつ営業所を任されるほどの実績がある人物でした。彼の自己PRはとても素晴らしいものでした。

  • 私は通信機器を販売したことがありませんし、知識も今はありません。
  • しかし、保険販売の営業で営業所を任される程の成績を上げました。
  • 法人の顧客も多く担当させて頂いており、法人向けの営業も得意です。
  • 通信機器はこれから需要が高まる業界なので、勝負したいと思っています。
  • 御社の売上件数を増やし、売上を増加させる自信があります。
  • また、マネジメントも経験があるので若い方のお手本にもなれます。
  • 是非、御社で働かせてください。

これを面接で自信満々にお話したのですから、即採用となりました。

自信があり、自信を裏付ける知識と経験があり、新しい業界に挑戦したいという熱意も含め、「俺ならやれる」という信念で、社長を納得させたのです。

転職するのであればまずは信念を持ちましょう。「どんな仕事がしたいのか」「どのように働きたいのか」「どんな人物になりたいのか」という自分の願望をはっきりさせれば信念はおのずと見えてくるでしょう。

譲れない条件と妥協できる条件の明確化

選択

労働条件ばかりこだわってしまうと失敗してしまいます。労働条件は、譲れない条件と妥協できる条件を明確化しましょう。

たとえば、元ホストの先輩は初任給月20万円という条件を、妥協して受け入れました。理由は家族がいたからです。

全く働かないわけにはいかないし、かといって夜の仕事をしていてはすれ違い生活になるという思いがありました。

その為、収入は減っても節約すればいい。大事なのは昼の仕事に就職することだと思っていたそうで、収入面は妥協したのです。

その代わり、残業時間に関しては譲りませんでした。売上をあげるので、遅くても6時半には帰らせてほしいと上司に交渉していました。

当時この会社は残業が多く、夜7時になっても仕事が終わらないという状況にみんな陥っていました。

普通に転職したら、この先輩も同じ状況になっていたのですが、最初に譲れない条件として残業時間を言いました。

上司は「ノルマ達成するならいいよ」とOKしました。その後この先輩は見事に毎日6時半前に帰宅しつつもノルマを達成したのです。

このように、妥協できるところは妥協し、譲れないところは納得させることで、自分の思った通りの働き方を実現することができる可能性が高くなるのです。

思った通りの働き方が出来れば、自然と意欲的に働けて、結果もついてきやすいです。

転職先に貢献する心構え

お任せ

転職をするなら、転職先として選んだ会社に貢献する心構えが必要です。

会社はタダでは雇ってくれませんから、会社の利益になる人材でなければ雇ってもらえません。

自分自身でもこの心構えが無いと、転職しても適当に仕事をしてしまって結果を出せないからです。

僕は重機のレンタル会社に転職した時は、仕事内容も把握せず、労働条件もそんなに気にしませんでした。

しかし、営業としてテレアポ、飛込みを経験してきたので、新規顧客でも堂々と活動できますというPRをしました。

残業、休日出勤は慣れたものだったので気にもしませんでしたし、給料も前職の金額は最低でも払うと言ってくれたので、ラッキー程度に思っていました。

僕は1年目から仕事が嫌で愚痴や文句を言っており、上司からも度々怒られていました。

それでも続けられたのは、「客先に貢献したい、会社の売上に貢献したい」という気持ちががあったからだです。

休日は最初の会社より多いし、給料も前の会社より多くもらえる。上司も叱られはするが何かあれば助けてくれるし、まわりの人もわからないことを教えてくれたり心配してくれる。

このような環境だった為、辞める理由はありませんでしたし、僕ばこの会社で定年を迎えると、当時は本気で思っていました。

客先に訪問し金額やクレームの話で四苦八苦していても、なんとか売上に貢献したい、もっと活躍したいという思いが根本にあったので、10年以上勤めることが出来たのです。

なので、転職を希望する会社にどのように貢献できるかという心構えがあれば、面接のときに熱意が伝わりやすくなります。

多少労働条件が厳しくても、自分自身納得して働くことができます。

自分が持っている経験からPR部分を作る

経験

自分が持っている経験からPR部分を作りましょう。

自分のスキルと経験から、転職を希望する会社の仕事に対しどのように働けるかを導き出し、PRすることで採用される可能性が高まります。

僕の場合は重機レンタル業の会社に転職する時は、営業職を希望しました。そして、前職の通信機器営業で経験した、テレアポのスキルや飛び込み営業の経験から、どのような会社へもビビることなくつっこんでいけますとPRしました。

これは何も重機レンタル業の会社だけでなく、物を売る会社であればどの会社でもPRできるものとなっています。

それ以外にも、パソコンでの資料作成や、航空券や電車のチケット手配、宿、宴会の手配なども覚えています。これが仕事に結びつく可能性もあります。

どんな些細な事でもいいです。自分の特技、趣味、スキル、経験から、PRする部分を見つけ出し、どんどんPRしましょう。

キャリアカウンセラーに相談

エージェント

30代の転職は、キャリアカウンセラーや転職アドバイザーに相談しましょう。転職サイトとお間違えの無いようにご注意ください。

上記のうまくいかない理由、うまくいくための方法全てを、キャリアカウンセラーがアドバイスしてくれるからです。

自信が無い人にはカウンセリングを行い、本人が自覚していない強みを見出し、考え方が甘い方にも自分の弱みと強みをハッキリさせることで、どのような転職が的確かがわかるようになります。

それを踏まえたうえで履歴書の書き方のレクチャーと面接の練習をしてくれるので、自分のどの部分をPRするかがハッキリとわかるだけでなく、恐れることなく表に出せるようになります。

最初から最後までサポートしてくれるので、自分の傾向に合った転職活動が可能となり、転職の成功率がぐんと上がるのです。

なので、30代からの転職はキャリアカウンセラーに相談するところから始めましょう。行動出来ない人もまずは相談、登録することが行動の第一歩となります。恐れず飛び込みましょう。

転職・仕事の悩みはおまかせを!個別相談で自分らしい働き方を見つける! 個別相談がおすすめな人 個別相談は、仕事に対してお悩みの方であればどなたでもおすすめです。 キャリアカウンセラーとして、お悩...

まとめ

今回は30代の転職がなぜうまくいかないかをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

少々厳しい事を言っていると思いますが、それほど30代の転職は、考え方が甘かったり、弱かったりすると難しいものです。

ですが一転、自分の願望を明確化し、きちんと準備すれば決して難しくはないのです。もし、真剣に転職をお考えであれば、上記の事を踏まえて転職に挑んでみてください。

キャリアカウンセラーの個別相談お問い合わせ

仕事は人生の一部です。仕事でつまづくと、人生もつまづいてしまいます。

逆をいえば、仕事が楽しければ人生はめちゃくちゃ充実します。いやいや仕事するよりも、楽しく仕事をしてほしいんです!

私自身も、仕事がつまらなくて、人生がつまらなかったです。だからこそ、あなただけには仕事で悩んでほしくはありません!

ぜひ、キャリアカウンセラーであるナカヤマにご相談ください。たった3分の入力であなたの仕事に対する悩みを解決します!

仕事や人生の悩みを今すぐ相談する

※納得できなければ全額返金保証